スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色褪せない名画

年明けに、多分二十年ぶりくらいで
「バベットの晩餐会」を観ました。

20180117134152eec.jpeg

<ストーリー>
19世紀後半、重苦しい雲と海を背景にしたデンマーク・ユトランド半島の小さな村。牧師である老父と美しい姉妹、マーチーネとフィリパが清貧な暮しを送っていた。姉妹の元には若者たちや、姉にはスウェーデン軍人ローレンス、妹にはフランスの有名な歌手アシール・パパンが求愛するが、父は娘二人に仕事を手伝ってもらいたいと願い、また姉妹も父に仕える道を選び、申し出をすべて断り清廉な人生を過ごしながら年老いていく。父亡きあと、姉妹の元に家族を亡くしてフランスから亡命してきた女性バベットが、パパンの書いた手紙を携え家政婦として働くようになる。父亡きあと、村人の信仰心の衰えに気付いた姉妹は、父の生誕100年を記念したささやかな晩餐会を催して村人を招待することを思い付くが――。(アマゾンサイトから引用)


1987年度作品。私も公開当時映画館で観ました。
美味しいものがどれだけ人の心を自由に幸福にするか静かに心に響き、
そして、とても小さなコミュニティで過ごす一生に思いを馳せずには
いられなかったのを記憶しています。

後半の料理を作る場面、次々と村人たちに供される見たことないお料理、
ウミガメのスープとかうずらのパイとか、
お料理とともにセレクトされるワインにもすごく興味がそそられたものでした。

公開当時、街のホテルのフレンチレストランが映画の中の料理メニューを
再現したフェアを開催したりもしていました。とても高かったと記憶してます。

その後テレビで放映された時にビデオに撮ったのがあった気がするけど。。。

全然色褪せない、全編集中が切れることなく美しい画面に惹きつけられます。
色合いが、絵画を見ているようだからかな。。。

続きを読む

スポンサーサイト

2018

今年もよろしくお願いいたします。







もうブログやめたのか???状態の
ぽつ。。ぽつ。。。の更新ですが、
脳みその言語野を刺激するためにもなんとか続けていこうと思っています。
思い出したら覗いてみてください。

画像はポンちゃん近影。戌年ですから。

一昨日朝の散歩後から深夜まで横になることなく、ぐるぐる歩き回り
続けるので、消耗,衰弱しちゃうんじゃないかとハラハラしました。
後で,お腹の調子が悪かったせいだとわかりました。
いまは通常モードに戻っています。

戌年のこの一年、乗り切ってほしいです!!

ポンちゃんの言いたいこと。。

備忘録もかねてですが。。。

夏頃まで、ポンちゃんのお食事タイムに近づくと、
「ワン、ワン、,、ワンワン(はやくごはんちょうだい!)」と、
しきりに吠えていたのですが,秋頃から一切声を出さなくなりました。

今月上旬、仕事で数日留守にして、帰宅後真っ先に
ポンちゃんをハグしてナデナデしたら、数ヶ月ぶりで
「ワォーン」と吠えたので、びっくりしました。

今朝も、お散歩の後、ポンのおでこに頬ずりしたら、
連続2回「ワォーン」って言ったんです。

遠吠えとまでは言えないような短いものですが
ネットの犬の吠え方の解釈で調べてみたら、「ボクはここにいるよ。」ってことなのかな、と。。

目は見えず,耳も遠くなってしまったポンちゃん。
日々不安な心持ちなのでしょう。

わたしが手でナデナデするだけでなく,体の他の部分を使って
スキンシップすることで,感覚が鈍くなってしまったポンちゃんの
感情を刺激することができたのでしょうか。。。

IMG_0549.jpg

表情が豊かだったころのポンちゃん

かろうじてXmas気分

24日まで個展、企画展に参加しており、
また24日午前中までに来年2月の展示のDM撮影用の
作品を仕上げなくてはならず、例年にもましてあたふた過ごす12月です。

でも、先月古本の絵本も扱うアンティーク雑貨のお店で、偶然
見つけたこの本があるおかげで心休まるクリスマス気分を味わえます。
本を開けばいつでもほんわか、やさしい心持ちになれます。^^)

IMG_0926.jpg


北の海の氷上で家族と離ればなれになったシロクマの子どもが
流されて、おじいさんと森に棲む女の子に助けられます。
女の子との楽しい暮らしもつかの間、おじいさんが病気になり
途方に暮れているところに、ひょんなことからサンタクロースと出会い
プレゼントを配るお手伝いをすることになり。。。というおはなし。

色鉛筆を主体に丹念描かれた絵が美しく愛らしい。
シロクマくんが我が家のワンコ、ポンになんだか似ているのもポイント
なのです。^^)


世の中、パンダ、パンダと騒ぎ過ぎです。
もっと伝えるべきニュースがあると思うんだけど。
かわいいのは認めるけど、わたしはやっぱり白熊が一番好きです。

朝のルーティン?

数日前、朝からみぞれ混じりの強風という、大荒れの天気で
暗くて寒い1日の始まりか。。。(-_-)と、思わず憂鬱になった。

一方、そんなことは気にもかけず、
一番暖かい場所を占領してルーティン(?)に専念しているひとが、、^_^

20171112202324989.jpeg


朝のねこヨガ(?)^^;

お天気に惑わされず、日々やらねばならないこと、やるべきことを
淡々とこなさなければな、、、と、
にゃんこ先生に教えられる。^_^

秋も深まりまして



しばらくお休みしてしまいました。
差し迫ってやらねばならないことがあったり、
ポンちゃんの具合も思わしくないので、
なんだか遠のいてしまったのです。

でも、ちゃんと食欲はあるし、お散歩も家の周りだけですが
まだできています。

ポンちゃんが目が見えなくなって、以前にもまして自分に危害を
加える可能性は相当低くなったと、感じ取ったりんちゃん、
ぴったり隣で(ポンちゃんの)お水を飲んでいます。
(実際にポンが危害を加えたことは一度も無いのですが。。)

あわてて撮ったのでうまく撮れませんでした。

表面的には仲が良くなったように見えるけど
ニャンコなりのそういう認識の上での行動。

それでもなお、この光景にはちょっと心動かされました。
ポンりん同居開始から6年半にして初めて!!

老犬ケア

ポンちゃん
春先と比べていっそう老化が進んだ気がします。

「お座り」,「待て」ができなくなった。
2ヶ月くらい前までは用を足したいときは右前肢でトントンと
私の膝をたたいてくれることもあったけども、先ほども
まだ時間的に大丈夫と思ってたら、いきなり失敗しちゃいました。

右目は3年前からほとんど見えていなかったのですが、
良い方の左目もグンと悪くなって、ぼんやりしか見えていないようです。
それで段差も苦手になってきました。
ソファに寝そべることも無くなりました。

触り方も気をつける必要が出てきました。
いきなり頭をなでなではビクっと驚くので
かならず手を鼻先に持っていって、手の存在をアピールしてから
顎あたりからさわりはじめます。

肝臓も引き続き病院からサプリを処方してもらって療養食で過ごしてます。


あれもできなくなった。。。これもできなくなった。。。と、
挙げ連ねて切なくなってしまうこともあるけど
私が元気無くしていてはダメですからね。
ときどき老犬を家族に持つ方のブログを見て叱咤激励される思いでいます。

老犬介護はまだまだ始まったばかり。。。

IMG_0797.jpg

見た目は相変わらずカワイコくん(親バカ^^;)ですよ。
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。