二番手が来てた!

雪が解けて
春一番のスノードロップ、福寿草、クロッカスなどが咲き、喜んでいたところで
寒の戻りというか、うっすら雪も積もることがあり、
あんまり庭に長くいることがなかった数日間のうちに
温かさを取り戻した昨日から、2番目に早く咲く花たちが
一斉に開き始めました。

20180418115608fbd.jpeg

クリスマスローズ
白いのはヘラボレス、こっちは一番組でしたが。






20180418122527d8c.jpeg



カタクリ
相変わらず一輪だけです。
でも隣に子供の株の葉っぱがあるので、数年後には2輪になるはず。楽しみ。(^^)
。。。って、ちまちま相当規模の小さいレベルで楽しんでるけど、
山菜として、このカタクリが花と葉っぱでごそっと束にして売られているのを見ると 、
なにもこれをあえて食べなくても。。。と、複雑な気持ちになります。







20180418115604dc8.jpeg


エゾエンゴサク
何年も前に苗を買って植えたけど数年で姿を消し、残念に思っていたのだけど
姿を消してから2年後の今年、ちょっと離れたところに2株発見‼️
うれしい^o^
やっぱりこの青色にすごく惹かれる。




20180418115607dbb.jpeg


キバナノアマナ
なぜか裏に自生しているんです。
少しだけですが。
これが芝生にいっぱい咲く北大のキャンパスに
久々に見に行ってみようか♪

続きを読む

おかえり。。

1日の、ほんの短いひととき
これまでと変わらないポンちゃんが戻ってきて
ニコニコして私の足に頭をすり寄せてきます。
(心ここに在らずの状態がほとんどになってしまいました。。。)

その時は、「おかえり」と言って
思いっきり全身をなでなでしてあげます。

20180312211302ebb.jpeg



たいせつな時間です。

ホワホワ

寒い間は無性に毛糸とかホワホワしたもので
何か作りたくなるのですが、
今冬はずっと仕事が詰まっていてできませんでした。

今月後半になってやっと区切りがついたので
オリンピックを見ながら
前からやろうと思っていたダーニングをやってみました。

201802282136029a2.jpeg


真ん中に写ってる木のキノコのようなもの(旋盤での自作)を
靴下の穴に当てて、毛糸と針を使って織るようにして穴を埋めるのです。

濃いグレーの方は、なんと25年以上前に、スウェーデンの小さな街角
の露店で買ったもの。寒さが厳しくて、暖かい靴下をちょうど欲しいと
思っていたところに,そのお店と出会ったのです。

3足一組、他にブルー系、淡グレー系のものとセットでしたが、ほかのは
履きつぶして、とうの昔に処分してしまいました。
こうやって繕う発想がなかった。。。

この靴下を買った時の街の様子とか、もう忘れちゃったけど、寒かった空気感と
木枯らしが吹いていたことは、今でも思い出すことができます。

一緒に写ってる薄いグレーのは、ダーニングした上から羊毛を
ニードルパンチしてフェルト化してみました。

たぁのしぃ〜♪

色褪せない名画

年明けに、多分二十年ぶりくらいで
「バベットの晩餐会」を観ました。

20180117134152eec.jpeg

<ストーリー>
19世紀後半、重苦しい雲と海を背景にしたデンマーク・ユトランド半島の小さな村。牧師である老父と美しい姉妹、マーチーネとフィリパが清貧な暮しを送っていた。姉妹の元には若者たちや、姉にはスウェーデン軍人ローレンス、妹にはフランスの有名な歌手アシール・パパンが求愛するが、父は娘二人に仕事を手伝ってもらいたいと願い、また姉妹も父に仕える道を選び、申し出をすべて断り清廉な人生を過ごしながら年老いていく。父亡きあと、姉妹の元に家族を亡くしてフランスから亡命してきた女性バベットが、パパンの書いた手紙を携え家政婦として働くようになる。父亡きあと、村人の信仰心の衰えに気付いた姉妹は、父の生誕100年を記念したささやかな晩餐会を催して村人を招待することを思い付くが――。(アマゾンサイトから引用)


1987年度作品。私も公開当時映画館で観ました。
美味しいものがどれだけ人の心を自由に幸福にするか静かに心に響き、
そして、とても小さなコミュニティで過ごす一生に思いを馳せずには
いられなかったのを記憶しています。

後半の料理を作る場面、次々と村人たちに供される見たことないお料理、
ウミガメのスープとかうずらのパイとか、
お料理とともにセレクトされるワインにもすごく興味がそそられたものでした。

公開当時、街のホテルのフレンチレストランが映画の中の料理メニューを
再現したフェアを開催したりもしていました。とても高かったと記憶してます。

その後テレビで放映された時にビデオに撮ったのがあった気がするけど。。。

全然色褪せない、全編集中が切れることなく美しい画面に惹きつけられます。
色合いが、絵画を見ているようだからかな。。。

続きを読む

2018

今年もよろしくお願いいたします。







もうブログやめたのか???状態の
ぽつ。。ぽつ。。。の更新ですが、
脳みその言語野を刺激するためにもなんとか続けていこうと思っています。
思い出したら覗いてみてください。

画像はポンちゃん近影。戌年ですから。

一昨日朝の散歩後から深夜まで横になることなく、ぐるぐる歩き回り
続けるので、消耗,衰弱しちゃうんじゃないかとハラハラしました。
後で,お腹の調子が悪かったせいだとわかりました。
いまは通常モードに戻っています。

戌年のこの一年、乗り切ってほしいです!!

ポンちゃんの言いたいこと。。

備忘録もかねてですが。。。

夏頃まで、ポンちゃんのお食事タイムに近づくと、
「ワン、ワン、,、ワンワン(はやくごはんちょうだい!)」と、
しきりに吠えていたのですが,秋頃から一切声を出さなくなりました。

今月上旬、仕事で数日留守にして、帰宅後真っ先に
ポンちゃんをハグしてナデナデしたら、数ヶ月ぶりで
「ワォーン」と吠えたので、びっくりしました。

今朝も、お散歩の後、ポンのおでこに頬ずりしたら、
連続2回「ワォーン」って言ったんです。

遠吠えとまでは言えないような短いものですが
ネットの犬の吠え方の解釈で調べてみたら、「ボクはここにいるよ。」ってことなのかな、と。。

目は見えず,耳も遠くなってしまったポンちゃん。
日々不安な心持ちなのでしょう。

わたしが手でナデナデするだけでなく,体の他の部分を使って
スキンシップすることで,感覚が鈍くなってしまったポンちゃんの
感情を刺激することができたのでしょうか。。。

IMG_0549.jpg

表情が豊かだったころのポンちゃん

かろうじてXmas気分

24日まで個展、企画展に参加しており、
また24日午前中までに来年2月の展示のDM撮影用の
作品を仕上げなくてはならず、例年にもましてあたふた過ごす12月です。

でも、先月古本の絵本も扱うアンティーク雑貨のお店で、偶然
見つけたこの本があるおかげで心休まるクリスマス気分を味わえます。
本を開けばいつでもほんわか、やさしい心持ちになれます。^^)

IMG_0926.jpg


北の海の氷上で家族と離ればなれになったシロクマの子どもが
流されて、おじいさんと森に棲む女の子に助けられます。
女の子との楽しい暮らしもつかの間、おじいさんが病気になり
途方に暮れているところに、ひょんなことからサンタクロースと出会い
プレゼントを配るお手伝いをすることになり。。。というおはなし。

色鉛筆を主体に丹念描かれた絵が美しく愛らしい。
シロクマくんが我が家のワンコ、ポンになんだか似ているのもポイント
なのです。^^)


世の中、パンダ、パンダと騒ぎ過ぎです。
もっと伝えるべきニュースがあると思うんだけど。
かわいいのは認めるけど、わたしはやっぱり白熊が一番好きです。
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ