FC2ブログ

春真っ盛り

一昨日は青いケシの写真展を見に行った後、
あまりお天気がいいので、ちょっと足を伸ばして、
北大構内を散歩しました。

めったに行かないけど、やっぱりいいですね。
いろいろノスタルジックになったりもします。

20190430105218c09.jpeg

しばふのそこここに今キバナノアマナが真っ盛りでした。
↑の光景、ちょっと外国みたいに見えちゃいますね。
博物館(旧理学部)横のローンから。

今日で平成が終わり。
私的には年が改まるより気持ちを新たにとか
ピンときませんが。。。
いろんなことに刺激を受けながらも
淡々と暮らしを続けていけたらと思います。

出たとこ勝負で・・・2

展望台で出会ったオジさんの言う通り、歌碑を目指して歩き始めましたが、
小林多喜二碑を過ぎると道は林道になり、
人影が全く無くなりました。

そもそも小樽の山に来ていることは家族は知らないし、
山歩きのつもりで来てないから、きわめて軽装。
で、あたりは熊が出て来ても全然不思議じゃない環境。。。

小樽で熊が出たってニュス,今まであったかしら、、、
笛とか鈴とか音が出るものも持って来ていないし、、、

進めば進むほど不安になってくる。

ミゾミゾするって,こういう心持ちか?

そんなことで、駅のインフォメーションでもらってきた
展望台散策路地図を見て再検討,別ルートから辿ることにしました。

DSCN4038.jpg

来た道下りの風景。春のトンネルですね。^^)


別ルートとは、小樽商科大のキャンパスを通り抜けてから
山に入るという道。
山の中を歩く距離が先のルートより短い。




大学のあたりは初めて来ました。
道路側のキャンパス内の斜面には。。

DSCN4039.jpg


DSCN4041.jpg

エゾエンゴサクが斜面を覆っていました!
山の残雪の白の背景も美しい。

植えたものだろうか?
こんなに広い面積一面に咲いているのは初めて見ました。



キャンパス敷地を抜けると,さっきより本格的山道になり
もっとコワイ。。><)
午後お遅い時間になって来たので心を残しつつ断念しました。

行き慣れた場所であれば、ぜんぜん大丈夫だと思うのですが、
初めての場所は、不安だし侮ってはいけないと。


カタクリを,見るという目的に関しては
出たとこ勝負は。。負けーっ!

でも,負け惜しみでなく
小樽の今まで馴染みの無かった地域を訪れることができて
面白かった!!

帰りは歩いて駅まで戻った道すがら

富岡のカトリック教会を眺め、
DSCN4045.jpg
歴史の趣ある、しかも可愛らしい建物です。


倶知安方面行きの列車と桜
DSCN4047.jpg
昭和な感じの風景


などなど楽しみつつ帰りました。

良い散歩でした。





出たとこ勝負で・・・1

2週間ほど前になりますが,以前から行こうと思いつつ
チャンスを逃していた、小樽のカタクリ群生地へ行くことを思い立ちました。
花の盛りは5月初旬の限られた時期しか見られないのです。

知人から聞いていた情報をたよりに,行けば分かるでしょう〜という
行き当たりばったり的な感じで出かけました。(何せ当日の朝思い立った。^^;)

旭展望台目指して坂道をてくてく。

道路脇には
DSCN4043.jpg
エゾエンゴサク



DSCN4036.jpg
キクザキイチゲ

が今が盛りと咲いていました。


道ばたの草花を楽しみながら展望台に到着。

お天気最高!
眺めも最高です。対岸の石狩湾や遥か遠くの増毛連峰も見えました。
(写真からはビミョーにしかわかりませんが。。)

DSCN4030.jpg


聞いた話の記憶だと、展望からさほど遠くないところに
目指すカタクリ群落はあるはずですが、
ちょうど出会ったウォーキング中のオジさまに訊ねてみたら、
ここから山の方に1キロとちょっとの歌碑の近くにあるとのこと。

その情報にしたがって再び歩き始めると
展望台駐車場のところに小林多喜二の碑がありました。
かなり大きなものです。

せっかくなので近くに寄ってみました。
DSCN4032.jpg

刻まれた一文にじ〜〜んとしながらも
石碑全体像はなんだかコワイ。。。(さらし首みたいで==)
DSCN4033.jpg

続く・・・



秋終盤~お散歩編

今朝は久々にさわやかに晴れていたので
久しぶりにお散歩公園に行ってみました。
ずっとお天気が悪かったり、忙しかったりで、お散歩公園コースの
散歩(約80分)になかなか行けなかったのです。

紅葉のピークは過ぎた、とかニュースで聞いてたけど
まだまだ綺麗!

DSCN3156.jpg

朝日に照らされて黄葉がますます輝きます。




池の周囲をぐるっと巡る小道には
カモのカップルがいました。オスは丸っこい木の実(多分ドングリ)を
クワクワいいながら飲み込んでいた!カモってドングリ食べるんだ~!

DSCN3158.jpg

グイグイ近づくポンちゃんにも、そんなに動じません。



小道の曲がり角を曲がった先には。。。

DSCN3159.jpg

真っ赤なモミジ。



DSCN3160.jpg

水面に映る景色で二倍色彩豊かになりますね。




DSCN3157.jpg

久しぶりのお散歩公園で、ポンちゃんも嬉しそうでした。^^)

続きを読む

大きなシナの木



いつものお散歩公園の中に大きなシナの木があります。



木陰の中に入ると。。。

DSCN1998.jpg

こんなかんじ。



枝が垂れ下がっているので
緑のトンネルの中にいるようです。


DSCN2004.jpg

目の高さの光景です。



いま花が満開。

DSCN2000.jpg

木全体が遠目に独特の薄緑色に見えるので
例えば、山や森のの木々の中でも、この開花時期のシナはすぐに
見つけることができます。

シナは、木彫の作品で、色をつけるとき、わたしは一番よく使用する材です。
材質が白く、年輪が目立たないので。

...お世話になっております。

続きを読む

プロフィール

Asa

Author:Asa
仕事は木を彫ったり削ったりして作品を作っていますが
なんでも作ってみるのが好きです。
野犬の子として保護され2019年2月生後約五ヶ月でうちの子に
なったmix犬ハノンとうちの絶対的お嬢、トラ猫りんと暮らしています。
もふもふ犬ポンは空からのオブザーバーになりました。

制作関係ブログ(2020年1月よりこちらのブログと統合しました。)  制作のぉと
homepage atelierAsa

最近の記事
最新コメント
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ