着実に温暖化は。。。

今日はお昼頃からものすごい大嵐です。
2004年の北大のポプラ並木もバッタバッタと倒れた時の
台風を彷彿とさせられます。
(あの時は副業の仕事場に向かうため車を運転していて
いつ倒れかかってくるかもしれない街路樹にすごい恐怖感を
覚えつつ、手に汗をかきつつハンドルを握っていたのでした。)

この強風(今現在も続いています。)の風音を耳にしていると
なんともしれない恐怖感に、心が不穏に波立たされます。
それはこの映画を観てから…

すでにトラウマになっている。。。

今まで北海道にはこんなに頻繁に大きな嵐は来なかったと思う。
海水温の上昇が勢力の衰えない低気圧が襲ってくる要因になっている。

ーーそれは地球温暖化のせいで

ーーヒトの身勝手な活動のしっぺ返し

愛猫家と愛犬家

猫を飼う前は、特に猫好きという訳ではなく
子供の頃はむしろちょっと苦手で(ちょっと怖かった)
だんぜんイヌ派でした。

だから猫関連の雑貨とか種々雑多の物に圧倒的引力を持って
引き寄せられる猫好きの方々を、ちょっと距離を置いて
苦笑していたという時期が長いことありました。
なぜなら、一方犬好き、犬を飼っている人の多くは
単に犬がついているからといって
そんなにやすやすと品物に飛びつくというのを目にして
いなかったから。

でも、そんな自分が、今やかつての私が「まったくね。。。」と
思っていたような、猫模様とか猫がデザインされた物に
とりあえず、ヨヨヨと引かれるようなオバサンに
なってしまいましたが。(笑)

私見ですが、犬の飼い主は概して自分の犬の種類以外の
犬がデザインされた品々にはあまり興味は示さない気がします。
少なくとも私はそうです。
でも、猫に関しては、うちの猫はトラですが、三毛でも
白や黒の猫でも、気に入った雑貨などがあったら
買ってしまうことがあります。

こんな、犬、猫飼主の気持ちの違いって何だろうか?
と、考えてみるに...
猫愛好者の方が猫そのものの魅力にとりつかれているのか?
。。。うーん、どーだろう。。。
確かにフォルムそのものが魅力的ということはあると思う。
犬の方が、姿形に多様性がありすぎるからか?
同じ犬といってもいろいろ違いがありすぎて…
なんか、こっちのほうが納得できるか。。。

犬は大きさのバリエーション、形、毛の長さなど、人間の都合の
良いように様々に改良されてきたという歴史がありますが、
猫はあまり大きな違いがありませんから。
しいて言えば、鼻ぺちゃ系、耳がねてる系なんかがありますが、
犬ほどの違いはありません。

わたしのことで言えば、
うちのわんこのポンは純血種じゃないから、犬種のはっきりした
犬のデザインされたものが多い中では
ポンに似た何かが欲しくてもなかなか出会うことがありません。
ちょっと寂しい気もしますが。
なので、わたしの持っている猫関連雑貨に
比べると、その数は圧倒的に少ないです。

今までゲットしたのはこの二つのみ!
リサ・ラーションの置物(一目惚れ)と
最近みつけたマスキングテープ。(笑)
まあ、いつか木彫りの彫像は作ろうと思っていますが。


201509122101237d8.jpg





20150912210346aca.jpg

むだづかいしなくていいんじゃないの?






わたし的XP問題

ホームページをながいこと放置してしまっていて
ちょっと忘れかけていました。いや、決して忘れていた訳ではないのですが。。

新しいpcは昨夏macに切り替えましたが、あまり使いこなしておらず
古いXPのpcも併用しつつズルズルきてしまってました。
macにちゃんと引っ越していないままで、9日にサポート終了を迎えちゃったんですよね。==;)
そもそも、終了後直ちにネットにつないじゃダメみたいな状況になるって
そこまでの認識がなかったもので。。。

ホームページ用のソフトは古くてXPとVista向けだったのをうっかりしてました。
古すぎてmacに引っ越しできない。>_<;)

現在のhpはあまり気に入ってはいないので
作り直すことも考えていますが。。。けっこう、かなりたいへんだし。。
(pcは得意じゃないので)

ただ今、母のVistaを動員して、とりあえずその場しのぎ的に操作できるようにするべく
がんばろうとしているところです。(っていうか、まだ重い腰があがらない) 


どどーーっと来る

考えてないわけではないが、なんとなく意識の水面下に
留めておいているような事柄(でもすごく根源的な重要なこと)
について、ここ数日見聴きしたことで、’どーよ、どーよ、どう考えるよ?’と、
詰め寄らているような心持にさせられています。



先週末のBSのドキュメンタリー番組
・・・ショパンの作品に込められた渾身の思いと、長い時を経ても色あせず
聴く者に多大な力、パワーを与える作品とは。。  

先週聴きにいったアフリカンドラムのライブ・・・表現することへの
情熱

昨日FMラジオで聴いた御年87歳!のトニー・ベネットの艶やかな歌声と
インタビューでの彼のことば Keep learning and studying

続きを読む

遠いけど遠くに感じず

一昨日スウェーデンより無事帰ってきました。

帰ってくるなり、風邪をひいてしまっています。
そして、ポンちゃん(ワンコ・男子)が下痢ぴーぴー(GPP)なんです。
そんなんで、お尻周りを汚してシャンプーするはめになったり、
夜間にGPPを我慢できずに、2夜にわたってカーペット(よりによって)のうえに
粗相をしてしまって、その後始末のカーペットクリーニングだの
せざるをえなくなったりと、なんだかバタバタしておりました。
そして旅の疲れと風邪気味で、がっちり爆睡もしていたので、
なかなかブログ更新にたどりつけませんでした。

スウェーデン(今回訪れたのは南部です)は遠いけど、空気や季節感が
札幌ととても似ていて、しかもあちらも、この春の訪れが、例年になく
遅れているということで、全く似たようなお花が,時期を同じくして咲いていて、
ーーコブシ、桜、ユキヤナギ、レンギョ、ムスカリなどーー
遠くに来たのに、同じような空気、季節のところに来た!というかんじでした。

DSCN2997.jpg

友人はわたしの滞在中に一時退院を許可されて、丸一日とちょっと
自宅で一緒に過ごすことができました。
お心にかけて下さった方々の力が通じたのかもしれません。
どうもありがとうございました。

旅のことは、また追々、ぼちぼちと綴っていきますね。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ