くるくるまきまき

11月からずーーっとばたばたしていて、
11月初めの姉の誕生日プレゼントが遅れに遅れて
先日やっと送ることができた。(遅すぎだよ~^^;)>

以前に北欧の編み物の本で見かけて気になっていたノステピン(Nostepinne)
ネットで調べたら、似たようなものなら自分で木工旋盤で作れそうなので
試しに作ってみた。

それがまあまあいい感じ(?)だったので、それも一緒に姉に送った。
機械を使用して力も要らず、短時間で出来たので、
自分の分も欲しくなってまた作ってしまった。


ハンパな毛糸を見つけてはくるくる玉にしちゃいます。
おもしろい~♪
DSCN0328.jpg
DSCN0329.jpg
持ち手をくるくる回転させながら、片方の手で糸を斜めに
ひたすらかけ続けると、中心から糸が取り出せる毛糸だまができるっていう
道具です。

こういう原始的な木の道具で
手を使ってほこほこする作業って、なんだか気分が落ち着きます。
使い込んで色が濃くなり艶が出るようになっていくのもたのしみだ。

続きを読む

まっしろ!!


昨日はクリスマスなのに、雨降りで幹線道路は雪も全然なしだった。
一夜明けてみれば大荒れ猛吹雪。
雷は鳴るし、強風で雪は建物に吹き付けられて一面真っ白!
雪の女王が荒れ狂うというより、冬の大魔王が怒り狂うといったかんじ。

ちょっと気を緩めていると、やって来ますよ!やっぱり、ドカンと雪が!
お天気のことをブログに書くのはきりがないのであまり書かないことにしているけれど、
これは思わず話題にしてしまいます。
今日は実家とアトリエの大雪かきざんまい。
よくなりかけた手首がまたちょっと。。。--;)
今もまだ予断を許さない天気。
やっぱりな。。。甘くないんだよな、北国の冬は。。。と、思い知らされる。==;)

残念な。。。

昨日のM-1グランプリはばたばたしていて観れなかったので、録画しておいた。
今日、いろいろなことがひと段落してゆっくり観ようと、
ワインもちびちびやりながらとすっかり準備万端で楽しんでいたら、
最初の30分で録画が途切れてしまっていた。
昨日の録画中ひとつも機械はさわっていないし、最初は問題なく録画されているのに。
な、なぜだ???

この消化不良感、やり場のない「あ゛~ぁ・・・」感はどうしたらいいものか。
お風呂に入って寝るしかないでしょうかね。泣き顔

芽キャベツ

read 652

今、アトリエの一角がこの芽キャベツに占領されている。
或る程度日が当たるところに、と思うと置く場所も限定され、
仕事の材料とか取り出すのに邪魔になっている。- -;)


春に種を蒔き、春遅くに苗を花壇に植え、夏の執拗な青虫攻撃も薬なしで退治し育ててきた。
でも、なんだか成長が悪く、ちっちゃい芽キャベツのふくらみが豆くらいになったところで
初雪が降り、せっかくここまできたのだからと、鉢上げして室内に入れた。
 
でも、おっきいのだ。^^;)葉っぱの広がりが直径50cmくらいのが2株。
以前にデパ地下の野菜売り場で見たディスプレー用の鉢植えはもっとコンパクトで
しかもキャベツの粒がぶりぶり大きかったよ。。。
read 653
いまはこんな。
小粒の梅干大だ。しかも背丈が高いのでぐにゃ~としなだれてくる。
肥料不足だったのか?リンとか窒素とかどっちの不足が問題なんだろ?

10日ほど前、間引きしたら粒が大きくなっていくかと少し取ってみた。
で、とったものは、もったいないからリゾットに入れて食べちゃいました。
read 646
これでグリーンピース大。
read 647
リゾットはほかにホタテ干し貝柱とカリフラワーを入れてみた。
小粒ながら食べたらちゃんと芽キャベツだった。(当たり前か)

これ以上大きくするのはあきらめて、クリスマスのチキンの付け合せに全部
収穫しちゃおうかな。。。






引越しごあいさつ

こちらも、ご覧いただきどうもありがとうございます。
ここでは、atelierAsaの制作・お知らせ以外のいわゆるヨロズのはなしを書くブログになります。

ぽこぽこ手帖とは・・・むか~し、学生時代にある友人に「Asa(ko)さんって、
ひとりで、なんかぽこぽこ(ものごとを)やっているよね~。」と言われたことがあって、
それがみょーに記憶に残っているのです。
言われたときは、ピチピチ二十歳っ!くらいの女の子に向かって言うことばとしては
いかがなものか…と、複雑な思いで「そ~ぉ?・・・」としか反応できなかったけれど、
今になって思えば、その人はなかなかポイントをついたことを言った気がするのです。

まぁ、ぽこぽこと毎日を過ごす中で感じたことを書いていくつもりです。

パワー

ルチルクォーツ

先日買ったスピリチュアルパワーストーンの本をぱらぱら見ていたら
ルチルクォーツ(針水晶)も紹介されていた。
水晶はオールマイティなパワーを持っていて、なかでもエネルギーや
集中力を高める効果がある。
そしてルチルクォーツはそのパワーアップ版!ともいうべき効果があるとのこと。。

この石、昨年銀座の天然石のお店で、ただ単にきれいだと思って
買って、そのまましまってあったのです。
今こそこの石のパワーにあやかりたいっ!と、
革ひもを取り付けて首からさげて仕事してます。^^;)

な~んかちょっと、集中力出てきた気がしないでもない。。。

今年最後の。。。






午後2時、遅い昼食。
陽はすっかり西方向から射し、明るさも弱めつつ傾いていく。
もう夕方気分で、今日も一日過ぎていく。。気分になるがそれは困るのである!

ただいま今年最後のお山(仕事の)の峠越えです。
はひはひいいながらの再び引きこもり生活中です。
でも、休憩は大事。
先週インフルエンザの予防接種したので、ここで体力落とすと
ほんとに体調崩したらもっと困る。
ムーミンカップも冬バージョンにして、ホットミルクでしばしまったり一休み。

これから今日の後半戦だわっ!
(関係ないけど湯気を撮るのって難しいですね。ホットミルクはあっつあつで飲めないくらい
湯気たちまくりなのに、撮ってみると写ってないんですよね。)

きらめく

星の降る町星の降る町
(2008/11/12)
明川哲也

商品詳細を見る





この本は神戸が舞台の13歳の少年と年老いた菓子職人とのはなしです。
少年は家庭にも学校にも居場所がなく閉塞感をかんじ、やり場のない気持ちから老人の
洋菓子店からクッキーや焼き菓子など万引きを繰り返します。
ある日いつものように万引きをした少年を、老菓子職人はその日にかぎって執拗に追いかけ、
追い詰められた少年は廃墟となった団地の給水塔の上に逃げ、登ってきた階段が壊れて、おいかけてきた老人ともども塔のうえに取り残されてしまいます。
そこで起こった一夜のできごとです。

本の帯に書いてある言葉より
~何かを得て、何かを失った大人たちと、何かを失って、何かを得た子どもたちに~

やり場のない閉塞感のなかでも、想像力や何かにわくわくできるものがあれば希望の光が
見えてくる。そんな暖かくも静かな生きていく力を誰もが持っているのだということに気づかされました。
話のなかで老人が語るおはなしも心に残ります。

金平糖



表紙に描かれているように金平糖が話の中に登場します。
そういえば金平糖ってしばらく手に取ったことがなかったかも…
と、買い求めてしまいました。つんつんの形もかわいいし、
やさしい甘さが口の中にひろがりました。





妖精

ティンカーベル


寒くなってから思いがけず窓辺にかわいい花が現れた。
去年なんだかわかんないけど、もっていない多肉植物だったので購入した。
べンケイソウ科コチレドン属だそう。。。

ベンケイソウというと庭によく生えている濃いピンクのポシャポシャした花を思い出すけれど
いろいろ種類はものすごくたくさんある。それにしても、これは意外だった。
可憐でかわいい~♪(わたしはやっぱり下向きに咲いている花に惹かれる傾向がある)

俗名は’ティンカーベル’というらしい。たしかに妖精っぽいかも。^^)
こどもの頃よく読んだディズニーのピーターパンの絵本に出てくるティンカーベルは
淡いピンク色はちょっとイメージではない気がするけれど。(こういう
幼い時のイメージの刷り込みは強力です。)
エルサ・ベスコフの絵本にこんな花の妖精が登場しそうだ。




続きを読む

カレンダー
12 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ