スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真っ赤っかなスープ



10日ほど前、デパ地下で見つけたビーツ(1パック3個入り)
一個は、すぐ茹でて賽の目に切って、ヨーグルトを水切りしたものと
あえて、サラダにした。あざやかなピンク色になり、ほんのり甘く
おいしかった♪
その後が続かず、ああ、早く使ってしまわねば。。。と、横目で見つつも
あと2個のビーツは萎びてきてしまった。

昨日まとめて残りを調理した。
一個はピクルス。
一個はちょっとダメになっている部分を取り除いてトマト入りスープにドッと
大胆に投入。ボルシチのつもり。

一晩置いたスープは、ジャガイモもキノコも、すべての具材が
真っ赤っかに染まってしまった!!えぇ
ロシア料理店で食べたボルシチはこんなに赤くなかったな・・・
明らかに入れすぎか。。。
でも免疫力を高める働きもあるらしいので、
このメニュー、案外時機を得ているかも。^^)
スポンサーサイト

とほほ・・・

昨日発送しようとしていた手廻し式オルゴール2個のうち一個を
最後の仕上げのところで床に思いっきり落としてしまい、’難有り’に
なってしまった!!大泣き
昨日時間をかけてやっていたことが、最後で水の泡。。。がっくりガックシ
オルゴールのメカは壊れていないのが不幸中の幸いだ。

今日はとりあえず出来ている分だけ、発送して、
また気を取り直してやり直しだ~。(泣笑)

お昼頃中央郵便局まで(アトリエから約2.3km)自転車を
すっ飛ばし、発送。
一昨日は雪が降るほど寒く、今日もまだ寒さが残っていたが
気持ちよかった♪
一昨日、昨日とひきこもっている間に近くの公園のヤナギが
きれいに芽吹いていた。

DSCN0558.jpg


DSCN0560.jpg

パステルグリーンのすだれみたいだ。

動物園かけあし見学



今ちょっといろいろたてこんでいるのだけど、今日から世の中はGWらしい。
先月20日から一般公開になっている動物園のシロクマの赤ちゃんを
まだ観に行けていなかった。
家族連れが多い春休み期間中を避け、その後旅行へ行き、
風邪をひいてしまっているうちに、公開後一ヶ月たってしまった!
このまま人出が多いのを避けてGW後に延期していたら
こぐまはどんどん大きくなってしまう。^^;)

。。ということで、昨日思い切って午前中にシロクマちゃんだけ観る目的で
円山動物園へ行ってきました。
動物園滞在時間40分!ほんとは半日は平気でいられるんですけどね。


DSCN0533.jpg

なにやら落し物らしき帽子にご執心なのだった。




DSCN0538.jpg

親子の、この後ろ足の直角具合がキュート♪



DSCN0544.jpg

帰りにチラっとのぞいたオランウータン君。
ちゃんとカメラ目線をくれた。
3年前に観た時はまだ子どもっぽかったのに、顔のひだが大きくなりつつある。
大人になったんだね。

3月に観た映画

read 668

今頃ナンなんですが。。
3月に映画館で観た2本です。
日が経っても、なんか時々思い出したりする
ので、ちょっと書き残しておこうと思いまして。

まず、
そして、私たちは愛に帰る』ですが
トルコ人父子・・・父親が男手ひとつで息子を育て上げ、息子は大学の教授
トルコ人母娘・・・母親はドイツに出稼ぎに来て娼婦として働いている。
          娘は反政府活動をして、トルコを追われ母のいるドイツに
          逃れてくる。
ドイツ人母娘・・・大学生の娘と普通に厳格そうな母。しかし若いときには
          インド放浪したり、なかなかアナーキーにすごした時代もあるらしい。
          娘は↑の活動家のトルコ人(娘)と友達になるところから、この
          母娘も悲劇に巻き込まれる。
この3組の親子がちょっと複雑にいろいろ関わってくるのだ。
親子であるがゆえに、素直になれない、あるいは関係が頑なになり
なかなか軟化しないという、多かれ少なかれ誰もがもっている
問題を、トルコ、ドイツの国境を越えたストーリー展開で物語っていく話です。
失って初めて、後悔する関係もあり、何か(まぁ愛ですね)を伝えるのにまだ間に合う
関係もあり、喪失と希望が交錯するのです。
ゆるゆる話が進むのですが、そのゆったりさが、あとからじわじわくるのかもしれない。

ホルテンさんのはじめての冒険
ノルウェー映画で、『キッチン・ストーリー』を監督したベント・ハーメル監督作品。
勤続40年、生真面目な列車の運転士ホルテンさんが、退職の日の最後の乗務に
遅刻して、乗り損ねた日に体験するその不思議な一日から、
新たな人生に踏み出すきっかけを得る話です。
不思議な人や、心和む人たちだけが登場します。
いろいろ突っ込みどころはあるのだけど、まあ大人のファンタジー
ということで,あとからほんわかした気分になる。

ホルテンさんが運転するオスロとベルゲンを結ぶベルゲン急行
いつか乗ってみたい♪ ただし、冬じゃない時に。。^^;)
冬の光景はちょっと北海道っぽくてものすごく寒そうだったから。

ホルテンさんのベルゲンでの定宿は小さくて清潔で簡素だけど
カワイイ部屋だったこと。
ホルテンさんの送別会の宴会で運転士仲間のお楽しみ鉄道カルトクイズ大会
みたいな場面でおじさんたちがかわいかったこと。(みんな鉄ちゃん
鉄道をこよなく愛しちゃっているのだ。)
登場する犬がごく自然で、普通にいい感じだったこと。(アキ・カウリスマキ監督映画に出てくる
ワンコもみょうにカワイイというのと、似ている。要するにハリウッド映画みたいに
アザトイ演技をさせていないのだ。)
なども、印象深いのです。


沢山咲いた!

DSCN0525.jpg
昨年秋に頂いた、クリスマスローズの株がたっくさん花をつけた。
うちで、こんなにたくさん花をつけたのをみるのは初めてだ。^^)

地面にじかに植えたので、写真がとりずらい。
花はことごとく下向きだから。
しかも、このように濃い紫色はなかなか思うように撮れない。
陽射しが弱いときのほうがいいかもしれない。また、日を改めて
再チャレンジしてみよう。

ハコベをアップで撮るとかわいい♪
DSCN0522.jpg


4月21日追記

DSCN0529_20090421200710.jpg

一番↑のクリスマスローズの写真があんまりにもヒドイので
撮り直した。
花茎も少し伸び、花もちょっと上向きになったので
2日前より撮りやすくなった。

バオバブ

今日の朝刊にマダガスカルのバオバブ並木がここ数年
軒並み倒れているという記事が出ていた。

本で見たことがある、その並木はとんでもなく大きくへんてこな形の
バオバブの大木が連なっていて圧巻で、できたら一度見てみたい!
と、思っているのだ。(実現は難しそうだけど)

それが、もしかして、このまま、なにも対策を講じなければ
数十年で消滅してしまうかもしれないということだ。(驚)

増え続ける人口、貧困に苦しむ人々が、バオバブの皮(工芸などの材料になる)
をめいっぱい剥いでしまい、木が弱ったところに、強大なサイクロンに襲われたりして
倒れてしまうらしい。

あと数十年で、なくなるかも。。。という、自然界のものを
頻繁に耳にする気がする。暗澹たる気持ちになる。。。

ところでウチのバオバブは
昨年一年間ずっとこのまま↓だった。==;)
DSCN0520.jpg
○で囲んだ部分が、かすかに緑色で、死んではいないようだが・・・
去年の冬は暖房をいれてない部屋で冬越しさせたので
寒すぎてこじれちゃったのかと、今年の冬は家の中で一番あたたかい部屋に
置いたのだけど、変わりなし。。。
今日、外に出してみた。活力剤をあげたし、今年は葉っぱを茂らせて欲しいな。

花散策~その1

昨春は5月中旬に個展があって
春に野の花など見て散策という余裕がまったくなく、個展後も
なんとなくずるずる~っとひきこもりがちだったので
今年は、ちゃんと時間をやりくりして、外へ行こう!!と思ってまして

風邪もだいたい回復したので
まず、春浅いうちに見られる水芭蕉をば、見ようと、行ってきた。
札幌市と小樽市の境目のJR星置駅から徒歩5分という気軽に行ける場所なのだ。

DSCN0510.jpg

DSCN0509.jpg

黄色い花はエゾノリュウキンカ。


DSCN0517.jpg

鴨も来てた。


DSCN0512.jpg

小さいうちは楚々としている。
さわやかな、きれいな白。
初夏にはこの葉っぱがとんでもなく大きく(60~70cmくらい)なるんですけどね。

ところで、5年前に訪れた時は、この湿地はもっと水がたくさんあって
カエルもうじゃうじゃといっていいくらい、いた。
そのときは湿地に近づいたとき、鳥とも虫ともつかないカエルの声が周囲に響きわたっていた。
(エゾアカガエルの声はゲロゲ~ロじゃなくて、わりとすずやかな声なんです。)
しかし、今日はカエルの姿も声もなかった。。。

DSCN0518.jpg
 
卵はあったけれど。。。(写真がボケボケだ。^^;)
もちろん5年前に比べたらずっと少ない。

湿地の乾燥化が進んでいるからなのか?
それとも、両生類を絶滅に追い込むかも知れぬと、恐れられている
ツボカビ病がひそかに蔓延してるとか?(そんなに進行しているのかな。。。)
どちらにしてもカエル受難の時だ。

どうぶつ編@奈良

奈良公園では歩いた歩いた!
当たり前だけど鹿はどこにでもいるので、やっぱり撮ってしまうのである。^^;)

DSCN0464.jpg
小鹿ちゃん



DSCN0480.jpg
そっぽ向き親子鹿



DSCN0456.jpg
この鹿のおもちゃ、いまだ健在なんですね!
わたしが4歳くらいの時に母がお土産に買ってきたのを憶えている。



DSCN0465.jpg
春日大社のあたりのさびれた(失礼)お土産屋さんの店先。
商品にまぎれていた。

続きを読む

桜!

今週前半4日間母の用事の旅行の付き添いで奈良~京都~首都圏
へ行ってきた。

季節は春爛漫。

母が同期会に出席している間ひとりで近場の観たいポイントを
チョイスしての散歩。

DSCN0459.jpg
奈良公園も

DSCN0458.jpg
東大寺も

DSCN0477.jpg
春日大社も

桜が満開のピークだった!

翌日京都でもタクシーでちょっとだけ桜巡り(鴨川沿い~冷泉通り~高台寺)
やっぱり古都の桜は最上級に特別です。
こんなに桜を堪能したのは生まれてはじめてかも。

間に合わず。。

DSCN0450.jpg

昨年10月末に手がけて、夜に時々テレビなど観ながら
編んでいたベスト(?)がやっとできた♪
でも着るのは秋からか。。。
気温は現在まだ日中最高気温も一桁なので今着るのにちょうどいいのだけど
ちょっとぼってりしてるので、気分的にね。。。

完成まで、途中めげそうになったけれど、編みかけで未完成のものが
3,4着(秋冬・春夏物あわせて)あると思うと、これ以上未完成ものを
増やすわけにはいかんぞ!と、なんとか形にした~。

夜、お酒を飲んじゃうと、ふにゃ~っと弛緩したまま
寝てしまい、なかなか編めずにいた日がほとんどだったから、
こんなに時間かかっちゃったんだよな。^^;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*明後日より数日間パソコンから離れる状況にいるので、コメントの承認、返信が
遅れると思いますが、あしからずです。

萌黄色



にゃんデコの森(アトリエ前のネコの額ほどの植え込みのことです)もほとんど
雪がなくなり、蕗の薹もちらほら出始めたので
蕗の薹味噌をつくろーっ!と、すこし摘んでみた。

水にさらしたら、さわやかなみどりが水に映えた。
春の色がほわ~っと周りの空気もやわらかくするようだ。
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。