ホームステイ

昨晩からうちにホームステイしているトトくんです。
1年前から妹んちのニャンコで、メインクーンmix 1歳半男子。
1歳半なのに妹が3番目の飼い主という、なかなかの苦労人(?)です。


妹が1週間ばかり家を空けるので、私が預かっているんです。
はじめての長期お留守番なので、また飼い主が代わったのか??と、
トトくん、ナーバスになっているというか、ちょっとおちこんでいます。

ポンちゃんとの相性は、
喧嘩にはならないけど、ポンちゃんは空気読まずに
グイグイいくヤツなので、一方的にトトに引かれて(おびえられて)
いきなり一緒に室内は無理っぽいようです。

DSCN1860.jpg
お互いに「なんだろ?こいつ。。。」と、思ってるよ、きっと。^^)


DSCN1858.jpg

今夜は夜泣きしないでね。。-_-;)


ジョン・アーヴィング作品2つとその映画~1

この本、じつは2年前に友人から「面白いよ」と紹介されて
とりあえず、(上)をすぐ買いました。
しかし。。。なかなか読み進められなくて(途中飽きた==;)
半分ほど読んだところで、一年以上放置してしまいました。(Yサンお恥ずかし^^;)
気を取り直して昨年末に、再度とりかかって、(上)を完読。さて、(下)と、本屋さんに向かったが
絶版になっていた!
そうなると、俄然どうしても(下)が読みたくなってしまい、
古本屋さんで見つけて買って読み終えました。



オウエンのために祈りを〈上〉 (新潮文庫)オウエンのために祈りを〈上〉 (新潮文庫)
(2006/09)
ジョン アーヴィング

商品詳細を見る
オウエンのために祈りを〈下〉 (新潮文庫)オウエンのために祈りを〈下〉 (新潮文庫)
(2006/09)
ジョン アーヴィング

商品詳細を見る


(下)は、(上)に比べて、ストーリーの展開にのせられ、
するするーっと読めました。
最後に、すべてが「そういうことだったのかいっ!!」と、思いっきり
納得させられる結末になっています。
1月に読み終わりましたが、やっぱり妙に心に残る話です。

『ブリキの太鼓』のオスカルを彷彿させるような、オウエンという
少年、5歳児くらいのからだの大きさから成長しないのだが、並外れた知性を
持っている。
そして、11歳の時、親友(この話の語り部である)の母親に野球の試合で
打った球が当たってしまい死亡させてしまう。
さらに教会のクリスマス劇である予言を受け取り、非常に数奇な運命をたどるのだ。、
その少年時代から20代半ばまでの交流を、中年になった語り部(主人公)が
回想するという形で書かれている。

解説には、現代の福音書であると記されているが、
確かに、最低限のキリスト教の知識がないと、なかなか理解できないかも。
わたしのその知識もぜんぜん深くないので、読み込みが浅いところで
踏みとどまっている事と思いますが。。。
さらにベトナム戦争前後のアメリカ社会の
知識もあったほうが、よりふかーく読み込めるのだと思う。
その点でも、わたしはちょっと力不足であった。

でも、そこらへんのことをぜーんぶ取り除いて一部の骨組みだけで
作り上げたのが、この小説を基にした『サイモン・バーチ』という映画だ。
オウエン(映画はサイモンと名前も変えてある)の少年時代だけで、話が作られている。
こんな感じの映画化も、作家にとってアリなのか?と、ちょっと驚いたけど、
原作を読んでから、映画を観ると、面白いと思う。

今感じるのは、(上)のえんえんと長いオウエンと主人公の少年時代や
学生時代の描写は、読者にこの特異なオウエンというキャラクターに
愛情を持たせるようにするためのものだったのかなと、思ったりしている。

つぎつぎと

桜に気を取られていると、
庭でも小規模ながらいろいろ咲き始めてきた。

庭の中の花木は、父が植えたものが多いので、かならずしもわたしの
シュミではないものも多々あるのだけど。。。

石楠花も特に好きではないけれど、
でも、今年はなんだかきれいに咲いた♪

DSCN1836.jpg

DSCN1835.jpg




紫ツツジはツツジの中で真っ先に咲く。
この花が咲く時期は、まだまださむ~い。

DSCN1837.jpg



すごく地味ですが^^;)フサスグリ(カランツ)の花もよく見ると、形がかわいいんです。^^

DSCN1838.jpg


何気なくブルー中心の庭をめざしたいと思っていて。。
今はムスカリとオンファロデス・ベロナ(忘れな草の仲間)も盛りです。

DSCN1839.jpg

DSCN1846.jpg

ブルーシリーズ、あとの季節にニゲラやブルー・ヘヴンも咲かせる予定。

今年の桜

ヤマザクラから始まる桜の季節は毎年連休ころからで
そのあと、ソメイヨシノ、しだれ桜と続き、少し間を置いて
八重桜の順で次々咲いていく。
今年はスタートが遅く、連休後だが、八重桜の開花は遅れないようで
間を空けずに、桜の開花のリレーだ。
今はアンカーの八重桜が咲いている。

↓は8日に撮ったもの。
ヤマザクラのピンクの濃淡、シラカバの幹の白、枝垂れヤナギの芽だしの黄色に近い黄緑。
水に映る姿がきれい。いつものお散歩公園です。

DSCN1796_20110520161823.jpg


うちにもこれらの色のコンビネーションがありました!
DSCN1807_20110520161823.jpg

ヤマザクラとユキヤナギの白、レンギョの黄色


枝垂桜はこちらでは、わりと珍しいので、お散歩公園内の
日本庭園に2本ある枝垂桜は、毎年気にかけて見に行くようにしている。
(12日撮影)
今年はちょっとだけ、元気がないみたい。。。大丈夫かな。。

DSCN1817.jpg


ところで、うちの裏にあった桜を、昨春ちょっと問題があって切ってもらった。
それが、今、こんな状態です↓。

DSCN1844_20110520161822.jpg

切り株からひょろ~んと伸びた枝に花が!

桜って、きれいな上にとてもタフなんですね。

すごすぎるデュオ

ちょっとまえのことになるけれど
連休はじめに、アイリッシュミュージックのライブに行って来た。

マーティン・ヘイズ&デニス・カヒル
わたしはこのデュオのことは、妹に教えてもらってはじめて知った。
いきなりライブということで、全く予備知識ゼロの状態。



会場はマイク、アンプなど音響設備ナシの
生のフィドルとギターの音だけという、完ぺきアコースティック!

フィドルが旋律を、それにギターがリズムと音に厚みを加える。
あと、マーティン(フィドル担当)が足でリズムを取る靴音が
打楽器のようにリズムを刻む。

じっさいはきっとふたりの間の息を詰めた緊張感もあるのだろうけれど
それを微塵も感じさせない。

ふたりの体から音楽が泉水のように滾滾と湧き出、
そのふたつが融合して、さらに力強い、しかし静かなパワーを
もって、しっかり胸に響いてきた。。。というか、こちらも全身全霊
で受け止めるという感じ。

今まで感じたことがない素晴らしい体験でした。

けがわり



こんにちは~、ポンです。

ボクの住むほっかいどうもずいぶんあたたかくなりました。


ボクのじまんのもふもふの毛も、そろそろ暑苦しくなってきたな。
Asaはじぶんのあたまはボサボサのくせに、ボクの毛を
とかしたがるんだよ。


きょうは、ブラシやクシで、いつもよりずいぶんしつこく
グシグシされたよ。

DSCN1684.jpg

ときどきがまんできなくて、「もうやだ~(ガルル…)」って、いっちゃったけどね。


たっくさんモワモワの毛がとれたよ。

DSCN1812.jpg

Asaは「うわーーっ!!ごそっと取れたー!テンション上がるわ~♪」
とかいってたよ。
いっぺんにたくさんとれるとカイカンなんだってさ。へんなの。


さくらもさいた!

昨日もお天気が良かったのだが
風邪をひいてしまって、庭仕事は断念。。。
でも、朝の散歩は通常通り。なぜか、昨日も今日も、朝の散歩までは元気で
帰宅すると、鼻水と頭痛がひどかったりして、その後家の中で
おとなしくしているという状態だ。(散歩に関しては支障なしという
ポンちゃんにとっては、非常に都合がいい状況 ==;)

。。。で、昨日の朝、毎年この時期見に行く、エゾエンゴサクの花道へ
散歩に行ってきた。(毎年やっぱりブログにのせちゃいます。^^;)
DSCN1781.jpg

DSCN1783.jpg

きれいな青空のブルーなんです。


ヤマザクラも昨日あたりからいっきに開花。(ソメイヨシノはまだですが。)
こちらは今朝の散歩から。
DSCN1786.jpg



DSCN1789.jpg

いつものお散歩公園もピンク(さくら)と黄色(レンギョ)と黄緑(芝生やヤナギの新芽)
で彩られている。




カツラの若い葉っぱもかわいいです♪
ハートがいっぱいつらなっている^^)
DSCN1787.jpg

カツラは木の姿、葉っぱ、材質、すべてやさしい木です。

やぁーーっと花の季節




DSCN1780_01.jpg

この連休、気温も低く、雨の日が多かった。
今日は久々に晴れ!
やらねばならない庭仕事がたくさんあって、今日は絶好の庭仕事日和
だったけど、ほかの家の中での仕事があって、またできず。。。

エゾヤマザクラ、アンズ、ウメ、レンギョ、エゾムラサキツツジ
が一斉に咲き始めた。

それよりちょっと一足に先に咲いたのが、↑のカタクリと
クリスマスローズ。

カタクリは去年は1株だけだったのに、今年は2株に増えてうれしい。
(花がお互いにソッポ向いていて、どのアングルでも撮りずらかった==;)

明日も晴れそうなので、写真が撮れたら、他の花も明日
アップしようと思います。
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ