白い羅漢さま



もうすぐ3月というのに真冬並みの冷え込みとなった昨日。
いつものお散歩公園の朝の風景です。
川の中に配置されている石の上に新雪がこんもり積もっていました。

なんだか羅漢像に見えてしまいます。
数も右側にかたまってある大きめのものが、ちょうど十六あります。^^)

この近くにはあのオッシーくんも居ました。

DSCN2396.jpg

その後のふたり



夜寝る時とわたしが外出している時以外は、一緒にフリーにしてから
10日ほどたちました。
距離もグッと近づいて。


DSCN2385.jpg

ポンちゃんがりんちゃんをなめてあげるということも!

案外一旦相手のいる環境に慣れてきたら
ふたりの距離というか、関係は一気に縮まったかんじです。

ただし、りんちゃんが挑発とか、ねこパンチをくりださなければ、
の話ですが。^^;)
とりあえず、同居は大丈夫そうです。
気にかけてくださっていたみなさん、どうもありがとうございます!

いろいろこびと



時々お訪ねしているブログで以前に紹介されていた
こびとの本。
気になって入手したら、おもしろくて、時々眺めて楽しんでます。

先日近所のコンビニで、こびとのガチャポンを発見してしまいました。
最初見たときは、たしかストラップだけのものだった気がするのだけど
2回目に、またやっちゃお~♪と、行ってみたら中身が変わったようで。。
小銭入れが出てきました!う~、う○こ色でちょっとね。。。

いつまでもしつこく寒い日が続いています。
真冬日で雪が降っていたりすると、ダウンジャケットのフードを
すっぽりかぶっているオジサンをみかけたりしますが
どうも’こびとさん’に見えてしかたありません。
心の中で「ふふふっ」としてしまいます。



三夜連続

一昨日、昨日、今日と
夜のお散歩の時に、とてもきれいな月を見ました。
真冬のきーんとした空気に透明な光が放たれ、体に入ってくるように
感じられた月が、二夜と、
今夜は薄い絹で透かしてみた様な柔らかな光でした。

DSCN2373.jpg

これは今夜の月





一歩踏み出す

以前の記事で1月後半にりんちゃんに初めて発情期がきてしまった
ことを書きました。
書いた時点では、終わったと思っていたのですが、中休み一週間が
あった後再開、さらに一週間続いてしまっていました。
それが、やっと昨日終わりました。(ほっ)

その期間中はいつものきかん坊は姿を消し、ポンに対して「シャーッ」と
威嚇することもないので、もしかして、今、思い切ってふたり一緒に
フリーにしてみるチャンスでは?
この期間中に慣れさせるきっかけができるかも、と思いつき、
やってみました!ちょとこわかったけど。。

今まで、ケージ越しの激しい攻防を見ていたので
最悪の事態が目に浮かび、なかなか踏み出せなかったんです。

DSCN2364.jpg




りんちゃんが、机や座椅子の陰で待ち伏せして、「う~りゃ」と
飛び出してきては、ポンちゃんを怒らせるとか、ふたりの「トタタタタ
というほとんどガチの追っかけっこがあるものの、流血事件にはならずに
なんとか、微妙な距離を保って共存できつつある光が見えてきました。

DSCN2366.jpg

まだまだ油断はできませんが、でもうれしい~(感涙)
ながーい道のりでしたから。

思い切って一歩を踏み出す。

他にもできないでいることが、いくつかあるのだけれど、
’案ずるより産むがやすし’というか、勇気を出してやってみようか!
と、このことで背中を押された気がしました。




オッシーくん

去年と同じ個体かどうかは分かりませんが(多分同じと思うけど)
今冬もオシドリ(♂)が、いつものお散歩公園にやって来ています。
わたしは、勝手に「オッシーくん」と呼んでいます。

晩秋から、池で見かけたという話は聞いていましたが、会えませんでした。
真冬の今は、池も全面結氷して、水面が開いている川に移動して、
カモたちに混じっています。
その場所はちょうど散歩の帰り道に通る橋のすぐ近くなので
よく会えるようになったのです。

ちょっとボケているのが難ですが、背中の色が美しい


DSCN2346.jpg

去年のオッシーくんは、カモたちの中に
オシドリの気配を消して(?)何気に混じっているというかんじでした。
お邪魔しませんからいさせてくださいね、っていう風。

ことしのオッシーくんは冬の初めから違ってました。
カモ男子たちを、うりゃうりゃーっと威嚇して追い回していたのです。

次(約3週間後)に見かけたときは、さかんにカモ女子に言い寄ってました。
DSCN2342.jpg

嫌がられているようすでしたが。。^^;)


そして。。。またさらに、2,3週間後に見かけたときには。。

DSCN2351.jpg

カモ軍団みんなに、しれーっと無視されている感じになってました。^^;)
これにめげずに毎年来てね、オッシーくん!

ことばのちから

しばらくこのブログのトップにすえてお知らせしていたライブは
2日無事終えることができました。

スタッフの立場での参加でしたので、100%鑑賞にまわることは
できませでしたが
でも、ドリアン助川さんから生まれ、体から放出されることばは
紛れもなくそこに居た方々の心に届いているのを感じました。

特に終盤の草野心平の詩「生きたい・生きる」の朗読は
大きなガラス戸の外の粉をふるったようにさらさら降る雪の
光景とあいまって、こころにじ~~んと響きました。
「きれいだねぇ」ということばが、こんなにやさしく、力づけてくれるような
パワーを持っているって。。。

わたしの作品もその場にいて、色を添えることができたのは
ほんとうにしあわせなことでした。

なかなかことばで上手くその様子を表わすことができませんが
参加くださったみなさんの集中力とドリアンさんのパワーとが
会場のcafeの空間でがっちりと組み合って、
さらにパワーアップしたエネルギーが充満していたような
とても濃密な時間でした。

リハの時とか写真は撮れたはずなのに、緊張していて
(音響を担当することになっていた)
ぜんぜん撮りませんでした。(残念!)

パフォーマンスとしての朗読とは違いますが、
ドリアン助川さんの朗読はDLマーケットのオーディオブックの
カテゴリーからご購入いただき、聴くことができます。
そこにあるラインナップは「食べる~7通の手紙」(ドリアン助川著)から6編分の
作品です。
ご興味をもたれた方は是非!


明日

永らく更新していないうちに2月になってしまいました。
いっぱいいっぱいの状態だったもので。。。
でも、なんとか明日のライブを、心穏やかに(しようといいきかせつつ)
迎えようとしています。

落ち着いたらその様子などもお伝えできればと思います。

続きを読む

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ