スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でかマルちびマル

ソファで丸くなって寝ているふたり。
つくづくずいぶん大きさが違うなぁ。

DSCN2822.jpg

でかマル=ポン・・・体重13.5kg
ちびマル=りん・・・体重 3.5kg

ポンちゃんはりんちゃんの約4倍もあるんだ~。
しかし理想体重より約1kgオーバーです。
(先日ワクチン接種で病院に行った時に判明^^;)
冬の間ごはん増量したうえに、大雪悪天候の日が多くて
沢山散歩できなかったからな。

これからガシガシ歩こうね。 
スポンサーサイト

遅ればせながら

次々花が咲き始めています。
記録的な大雪のため、花が遅れていた分
それを取り返すかのように、これから加速度的に
どんどん咲き出すのだろうな。

うれしい♪とともに、ちょっと焦る^^;)

うちの庭では

DSCN2899.jpg

植えてから2度目の春で、はじめて咲いた福寿草。


DSCN2901.jpg

スノードロップも賑々しくなり。。。



DSCN2914.jpg

ツルボも満開♪ (これよりやや赤みの入ったブルーなんだけど
なかなかそのように写す事ができない。)



DSCN2913.jpg

今年初めて花をつけたクリスマスローズのヘレボルス・ニゲル
これはその名前の由来になったようにヨーロッパでは
クリスマスのころに咲く種類。
わたしは、約20年前スウェーデンでクリスマスの時期に
初めて見た。うっすら積もった雪の野原にたくさん白い花が
咲いていた美しい光景を今でも印象深く思い出すことができる。

オリエンタリスより小ぶり。かわいい。


カタクリとクロッカスは明日あたり満開になりそう。^^)



りんちゃんの苦手

数日前、住宅の業者の人が二人来て、家の中を見て行きました。
(築約40年の古家でいろいろガタがきていて)
りんちゃんはその時ケージのなかに入ってもらってたのですが
業者の方(ひとりは恰幅のよいおじさんで)がそばを通ったとき
ケージの中でパニック状態になり
出入り口は錠をしていたのに、扉をこじ開けて外に出て
(柵状になっているワイヤーを勢いでむりやり歪ませて)
逃げ惑っていました。

相当怖かったみたい。
目がイッチャッテたし。。。^^;)

業者の方が帰られてからは、いつものように戻ったので
うちに来ていた母に猫じゃらしで沢山遊んでもらっていました。

そうしたら、その夕方、元気がなくなり、自分の寝床にひきこもって
出てこない。。。夜に吐いちゃってました。
翌朝一番で病院か?と、心配していたら深夜には回復しましたが。

しかし、そんなにオジサンが苦手だったとは。。。
まぁ、パニックのあとに、調子に乗って遊んだのも悪かったのかもしれないけど。

DSCN2897.jpg
おじさんはにがてなのよ。

ちなみに、若い男の人は大丈夫なんです。大学生の甥っ子とか、大丈夫だから。^^;)



そんなりんちゃん、今日で2才になりました。(りんちゃんは保健所から
きたので、4月生まれということしかわからないので、わたしの誕生日といっしょに
しちゃったのです。)

一応朝のお食事はバースデーバージョン(笑)
キャンドル2本のかわりに煮干だよ~ん。^^)
DSCN2905.jpg


お、なかなか食いついてます。
DSCN2907.jpg

2年かぁ。。。
早いな。

DSCN2911.jpg
まだまだおこちゃまっぽいって、Asaがいうの。


DSCN2912.jpg

↑感慨にふけっているように見える(?)けど
実は窓のそとのカラスをガン見の図。

レモンづくし♪~その1



先日、遠くに住む友人からお庭でとれたレモンが届きました。
完全無農薬は皮も心置きなく使えて貴重です。
それをこんなに沢山!ウキウキでした。^^)/
自宅でこんな立派なレモンが沢山獲れるって、うらやましいかぎりです。
そして柑橘類が庭で育てられるって、北国の人間には
憧れです。

普段は皮が気になってレモンティーにはしないので
まず、おやつのときにレモンティーにしていただいたり、
そのまま輪切りに蜂蜜をかけて食べたり。
(そんなに酸っぱくないので)

DSCN2885.jpg


それからレモンマーマレードやレモンカードを作り

DSCN2888.jpg


一度挑戦してみようと思っていたレモンパイも作ってみました。

DSCN2877.jpgDSCN2878.jpg

昔、街の老舗ホテルのレモンパイ、好きだったな~。
今も売ってるんだろうか。。。

今回のはクックパッドのレシピを参考にしたのだけど
メレンゲから水分がにじんできちゃった。すぐに食べきる分には問題ないけど。
これって、焼き方(温度と時間)の問題か。。次への課題だ。


昨日は木彫りの教室だったので
お茶の時間にレモン入りレアチーズケーキをお出ししました。

DSCN2889.jpg

昨夏裏庭でとれたラズベリーのソースとミントの葉っぱでちょっと飾って
みました。
DSCN2890.jpg

あと、レモンピールも作らねば!。。ということで---続く

春一番花み~っけ!


今朝お散歩コースにある病院の花壇で。

早春の黄色い花は気持ちがパッと明るくなります。



そして。。。
うちの庭でもみ~つけた♪

DSCN2881.jpg
DSCN2883.jpg

スノードロップ

まだ4cmくらいでちっちゃくてかわいい~!
毎年アップしちゃいますね、うれしさのあまり^^;)

いつもの年より2週間以上遅れの遅い春です。

凹→凸の道

こんなに積雪の多い4月は1953年の観測以来はじめてとのことで
(例年は今頃は積雪ゼロになっているのです。)
それはつまり、道路がビショビショの
雪解けの期間が異常に長いということにもなるんです。

毎朝夕、雨の中の散歩のように手足とお腹にバッチリ泥はねするポンは
散歩後の足洗いは、毎回半身シャワー浴させているみたいになってしまい、
なかなか大変なので、せめてお腹の泥はねは阻止したいと、Tシャツを着せてみました。



ポンは今まで雨の日用のレインポンチョしか持っていなかったので
2着目。
モッコモコの毛なので、なんかダウンジャケットの上から
Tシャツを着ているようなヘンな具合です。^^;)

これは(↓)近くの公園の昨日の朝の様子ですが、
だいぶ雪が解けたとはいえ、やっとベンチの背が出てきたところ。

DSCN2866.jpg

いつものお散歩公園もこの冬は雪が多すぎて歩きづらくて
なかなか行けませんでした。
昨日行ってみたら
人が歩いて踏み固められた道が、凸の状態になっていました。

通り道の脇の踏み固められていない部分の
方が先に解けてしまい、硬い通り道の方が残ってしまったんです。


DSCN2870.jpg

これもまた歩きにくい~==;)
凸部から足がそれると、ときには膝くらいまでズボッと
埋まってしまうこともあります。

真冬のときはこんな凹だったのに。↓

DSCN2809_20130407233827.jpg

でも、これは昨日の朝のはなしで
昨夕からずっと降り続いた雨でびっくりするくらい雪が解けました。
公園の小道は、今度は硬い部分もグズグズのシャーベット状になって、
もっと歩きづらくなってるかも。

雪解け水と大雨の影響の土砂崩れなどのニュースも
耳にしました。
ここ数年の大嵐とか大雨とかの傾向は大きな自然災害ももたらして
それは今年も幾度となくあちこちで繰り返されるのでしょうか。。。

3月に観た映画

すごく観たいと思ったわけではないのだけど
映画の招待券をいただいて、たまたまタイミングが合ったので
観に行きました。

愛・アムール

まず、行って驚いたのが、大入り満員!
しかも年齢層が高い。60~70代のご夫婦が多いので
びっくり!
平たく言うと、フランスの老夫婦の老老介護の話なので
そういう観客層というのも納得できるけど。。。

この映画は今年度のアカデミー作品賞を獲ったという話題性も
手伝ってのことでしょうね。

でも、内容的には、う~ん、はぁー。。。ってかんじ。
(…って、まあ、わたし的にはあんまりねぇ…という)
老老介護の問題って、日本のほうが先進的に問題になっていると思うので
今、こういう風に突きつけられても、欧米での評判ほどには
衝撃や感動は受けなかったと言うのが、正直なところでして。

欧米、特にフランスの夫婦って、いつまでも「男と女」であることが
根幹にあるようで、ふたりの関係に他の人に立ち入る隙を与えたくない
というのが強いのだろうか。この映画に関しては、娘に立ち入る
ことを許さない。

フライヤーの文章には「至高の愛」なんて表現もあったけれど
なんかよくわからないな~。
介護疲れということは考える余地はないのかな。。。とか。

この夫婦は音楽家、妻はピアニストだったので、映画のなかで
流れるピアノの曲はきれいでした。
それと、娘のファッション、テーラードカラーのショートコートに
パンツスタイル、コートの中は上質の薄手のニット(多分カシミヤ)だったり
カットソーだったり、シンプルでオトナなかんじが素敵でした。




カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。