愛猫家と愛犬家

猫を飼う前は、特に猫好きという訳ではなく
子供の頃はむしろちょっと苦手で(ちょっと怖かった)
だんぜんイヌ派でした。

だから猫関連の雑貨とか種々雑多の物に圧倒的引力を持って
引き寄せられる猫好きの方々を、ちょっと距離を置いて
苦笑していたという時期が長いことありました。
なぜなら、一方犬好き、犬を飼っている人の多くは
単に犬がついているからといって
そんなにやすやすと品物に飛びつくというのを目にして
いなかったから。

でも、そんな自分が、今やかつての私が「まったくね。。。」と
思っていたような、猫模様とか猫がデザインされた物に
とりあえず、ヨヨヨと引かれるようなオバサンに
なってしまいましたが。(笑)

私見ですが、犬の飼い主は概して自分の犬の種類以外の
犬がデザインされた品々にはあまり興味は示さない気がします。
少なくとも私はそうです。
でも、猫に関しては、うちの猫はトラですが、三毛でも
白や黒の猫でも、気に入った雑貨などがあったら
買ってしまうことがあります。

こんな、犬、猫飼主の気持ちの違いって何だろうか?
と、考えてみるに...
猫愛好者の方が猫そのものの魅力にとりつかれているのか?
。。。うーん、どーだろう。。。
確かにフォルムそのものが魅力的ということはあると思う。
犬の方が、姿形に多様性がありすぎるからか?
同じ犬といってもいろいろ違いがありすぎて…
なんか、こっちのほうが納得できるか。。。

犬は大きさのバリエーション、形、毛の長さなど、人間の都合の
良いように様々に改良されてきたという歴史がありますが、
猫はあまり大きな違いがありませんから。
しいて言えば、鼻ぺちゃ系、耳がねてる系なんかがありますが、
犬ほどの違いはありません。

わたしのことで言えば、
うちのわんこのポンは純血種じゃないから、犬種のはっきりした
犬のデザインされたものが多い中では
ポンに似た何かが欲しくてもなかなか出会うことがありません。
ちょっと寂しい気もしますが。
なので、わたしの持っている猫関連雑貨に
比べると、その数は圧倒的に少ないです。

今までゲットしたのはこの二つのみ!
リサ・ラーションの置物(一目惚れ)と
最近みつけたマスキングテープ。(笑)
まあ、いつか木彫りの彫像は作ろうと思っていますが。


201509122101237d8.jpg





20150912210346aca.jpg

むだづかいしなくていいんじゃないの?






カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ