スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急にどっかり

今週月曜の連休最終日は、後回しになっていた庭の冬支度の
残りを慌ててやりました。

その時、もうあきらめてよく見ることもしなくなった
そら豆の鉢植えに、さやが一個できているのをみつけました。


DSCN3727.jpg




しかも根元にまだいくつか花が咲いている。

DSCN3726.jpg




今までなんどか空豆栽培に挑戦してもことごとく失敗して
いたのです。今回もすっかりあきらめていました。

これが記念すべき最初の収穫です。(恥)

有り難く貴重な一個をいただきました。(笑)

DSCN3731.jpg





最後まで花をつけていたのは、
他にも

DSCN3729.jpg

四季なりイチゴ





DSCN3728.jpg

グレープフルーツミント


...なんて、写真を撮ったりしていた翌朝





DSCN3733.jpg

ドカッと
こんなにまっしろになっていて
一瞬目を疑いました!!


実は...冬タイヤ交換をまだすませていなくて
ガソリンスタンドに行けない。。。
とにかく一旦雪が溶けてくれるのを願うばかりです。==)






スポンサーサイト

古いものを使いたい

9月末より住まいである実家(築40年以上)の補修工事で
家を離れられない日々が続いております。
やっと今週末にはほぼ終了となりそうです。

それ関連の話ですが。。。
お風呂場をリフォームしました。そろそろヒートショックなるものに
対しての対策もいろいろ講じなければいけないお年頃なので。

昔のままの部分との兼ね合いや、あんまり真新しい雰囲気は
好みじゃないこともあって、古いものを取り付けてバランスを
取りたいと思い、古い、昭和なかんじの電灯をつけることにしました。
10年前まで仕事場としていた家をとりこわすときに
玄関の天井についていた電灯をはずして、キープしていたのです。
いよいよ出番♪とばかりに、取り出してきました。

DSCN3717.jpg

金具を直接天井に取り付けるタイプです。


建築屋さん経由で来た電気設備屋さんに頼んだら
部品が無くてできないと、あっさり却下されてしまいました。
あきらめきれずに、まずハンズに行ってみましたが、
やはり部品が合わず。。==)

そのとき、ちょうど近くに以前から気になっていたけど
入ったことはない、昔からある照明器具やさんがあったのを
思い出し、ダメ元で行ってみたのです。

店番の70代くらいのおばさんが雑然としたお店の中に
おられました。
実物を見せて(持参していた)相談させていただくと
「ああ、それなら」と、キビキビと部品をそろえ、
これまた、手慣れた手つきであっという間にその場で
すぐ取り付けられる状態に組み立ててくださいました。
ヵ、カッコいい〜!
あまちゃん風だと、かっけ〜!!です。

「昔の規格の器具に合う部品は、今はほとんどどこにも置いてないからね。」
と、おばさんは手を止めずに話してくれました。

DSCN3723.jpg

ペンダントタイプになってしまったけど、とりあえず取り付ける
ことができた♪ よかった!
おばさん、どうもありがとう!


お店に足を踏み入れたとき、「あ、店番のおばあさんなら、ダメかな...」と、
思ってしまったわたし、それこそダメだわ〜。
おばさん、ごめんなさい。

同じ女性でありながら、’メカっぽいことは男性担当’という
固定観念にとらわれちゃってたな。


それと。。。
商売には結びつかないとしても
こういった古い昭和のものをとりつけるために
昔の規格の部品も、ここで問い合わせばわかる
みたいなシステムがあればいいのにと、思いました。

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。