おばあちゃんちの小鉢

DSCN3790.jpg


この小鉢は母の実家で使っていたもので
祖父母が我が家に同居することになったときに一緒にやって来た
のだと思います。もう40年ほど前の話ですが。

もっと数はあったと思うのですが、今は2個しかありません。
この模様がなんだか昔っぽいと、ずっと感じていましたが
使い勝手がとても良くて ーー薄さ、持った時の手のおさまり、
絶妙な曲線ーー 模様は二の次として食卓への登場頻度は自然と高く、
普段無意識に良く使っているという感じです。
今のところこの使い勝手に勝る小鉢には出会えていません。

この模様も改めて見ると
見ようによっちゃあ、なんかカワイイんじゃないの?と
感じるようになって(寄る年波のせいでしょうかね)
この仲間を増やしたいという気になってきました。

ときどきオークションなどチェックしていますが
なかなかこのシリーズの小鉢は登場しないようです。
(○リタケの1950〜60年代に発売された食器シリーズです。)
去年小皿と大皿がセットで売りに出されていたので
お皿もあってもいいなと思い、ゲットしてしまいました。

小鉢とお皿を一緒に並べると、なんだか祖父母の家の思い出が蘇るというか。。。
小鉢は祖父が毎日晩酌のお供に食べる湯豆腐が入っいた印象が強いです。
子供の頃は「おじいちゃん、よく毎日飽きずにお豆腐を食べられるな。。。」
(昔はあまり好きではなかったので)
と、感心したものでした。

祖父母の家の茶の間。相撲中継を見ながらお豆腐をつまみに
晩酌を楽しむ祖父。
その部屋の空気感や祖父の背中。
夕食の準備をしている祖母の姿。
小鉢がそんな記憶を次々と鮮明に思い起こしてくれます。
今更ながら、モノが持つ力にちょっと驚いてしまいました。


DSCN3789.jpg

。。。そういうわけで、湯とうふの晩ご飯にしてみました。^^)




2016年あけましておめでとうございます!

まずはポンちゃんから





最後が画面からずれちゃいましたが
動くポンちゃんは初めてアップです。



改めてちゃんと正座(?)して

DSCN3784.jpg

ことしもだいきらいなびょういんへいくことにならないようにげんきにくらしたいです。


もっこもこのポンですが、
太ったんじゃなくて、今一年の中で毛の厚さMAXの時期です。




そして、うちのお嬢からも
DSCN3550.jpg

ことしもねこパンチにみがきをかけるわよ〜。


ポンりんともども今年も宜しくお願いいたします。






カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ