カラスとおばさん

収穫の秋はカラスにもやってきたようで、
電線など高いところに、とまっているカラスが道路に
クルミをおとして割ろうとしている姿を、最近何度か見かけた。
一番賢いパターンは、路面電車の軌道めがけてクルミを落としている
というもの。もし上手くいけば破壊力は、自動車より確実だもの。
カラスもいろいろ考えているのだ。。

先日、自転車に乗って出かけて、交差点で信号待ちしていたら
反対側にいたオバサンが、空に向かって大声でなにか話していた。
手にはケイタイを持っていないし、「アヤシイ人なのかな・・・?」と、
信号を待ちながら思わず注目していたら、電線に止まっているカラスに
話しかけているらしいのだ。

道路を横断中に、カラスが上から落としたクルミを拾って
それから、ちょっとした駐車スペースの場所を借りて
そこらの石ころで、カラスのためにクルミを割ってあげはじめた。
その間も、電線のカラスに向かって○○ちゃんと呼びかけていた。
顔見知りなのか???
カラスは、ただただジーーーっと、その様子を見ていた。

しかし、さらにそれを通りの向こう側から、やはりじーーっと
ガン見していたわたしもまた、アヤシイおばさんなのであった。^^;)

DSCN0767.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ