お・す・い



これも散歩の途中で発見したもの。
「おすい」ってなんだろう?と、即座に「汚水」に結びつかなかった。
汚水桝の蓋なんである。

気をつけていると、ストレートに「汚水」とか「汚」と、
図柄なしの味気ない蓋もある。(・・というか、こっちのほうが圧倒的によく見かける。)

きっと「おすい」のほうは、デザインからしてけっこう昔のものじゃないかと思うのだが。。
これを見かける通りは、そうとう昔からの商店街だし。
それにしても昭和な感じだ~。
「汚」という字を直接持って来ず、しかも、さらにきれいな水のイメージで
金魚さんまで使っているその感覚、
トイレのことを「ご不浄」とか「お手洗い」というのと似ている気がする。
(ちがうかな~。。。^^;)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

以前大分の築城市に行った時に、下水道のマンホールの蓋のデザインがカブトガニだったことを思い出しました。その町は湾にやって来るカブトガニが名物なんです。
各地のこの蓋の写真をコレクションしている人のこと、何かで紹介されてたけど、ほんとにその地域によってデザインが違うのでおもしろいですね。
うち町は?と、探してみたんですが、まわりにはそもそもそのような設備がなくて、改めて田舎に住んでいるんだと実感したような次第です。

Re: No title

カブトガニのデザインの蓋!見てみたいです~。

私の町では、マンホールの蓋が時計台がデザインされています。
ホント、路面であまり気をつけて見られることが少ないのかもしれないけれど
図柄を配さないものばかりだとしたら、なんだか
味気ないですよね。

No title

カブトガニのデザインのマンホールの蓋は、この記事のおわりのほうに載せています。
よかったらごらんください。↓

http://blog.goo.ne.jp/showtousagitokuma/e/d8fd6c7e0e5a78d2e4231dfc9513466e

うさぎさん

築城市のマンホールの蓋、見てみました!
なんだかダースベーダーに見えてきてしまいました。(笑)

北海道はお城か古いものがほとんどないので
城下町とかいろんな歴史的な建造物がちょっと足を伸ばせば
観ることができる環境にとても憧れてしまいます。

その旅の記録のブログも続けてみさせていただきました。
狛犬やいろんな彫り物が仕事柄とても面白かったです!
行ってみたいな~。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ