トトくんへのお土産



月曜日にトト君、おうちに帰っていきました。

過去、ネコのいるお宅に10日間ほど居候したことはありましたが
1対1ですべて独りで面倒みるのは初めての経験でした。
でも、おもしろかった~♪
最後の二晩はベッドの上に来て、一緒に寝るくらい親密になれました。

いつかニャンコと一緒の暮らしができたらいいな。。

↑はトトくんに持たせたお土産です。(笑)
おもちゃ2種とネコ缶。

DSCN1903.jpg

撮影中ご本人登場~。
手でちょちょちょってボールをドリブル(?)して追いかける姿が
おもしろかわいい^^)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

トトくん、おうちに帰れてホッとしていることでしょうね。
動物でもやっぱりいろいろな記憶とかトラウマってあるみたいで、うちの正も、以前ブログにも書いたことがあるけど、夜、私が車に残ってくまがお散歩に連れて行くという状況になるとものすごく心配して様子が変になるんですよ。
多分そんなふうにして捨てられたんじゃないかと思います。
先日もたまたま、夜の公園で私だけ車に残ったんですが、お散歩大好きなくせに、戻ろう戻ろうとして大変でした。
もう7年以上一緒に暮らしていて、こんなにかわいがっているのにと悲しくなりますが、よほど寂しくてつらい思いをしたんだなあと、かわいそうになります。
トトくんも、これからはずっと、妹さんのところで幸せに暮らして欲しいです。

Re: No title

正ちゃんがうさくま家に来たのは、まだ子犬ちゃんのときでしたよね?
そんなちっちゃい時の記憶が、今でも強い影響を与えているんですね!
切ない気持ちになってしまいますね。

うちのポンちゃんも、留守番は平気でも、外出先でちょっと待つ
(わたしがその間ちょっと買い物とか用事を済ませる)というのが
5分くらいしか、できません。置いていかれるというのが
恐怖のようです。

トトくんのお留守番初日の、ずっと鳴いて、外ばかり見ていた姿は
原発避難区域で置き去りにされた犬猫や牛たちと重なり
ほんとに悲しくなりました。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ