Tiger cat

DSCN1952.jpg

以前にも使いましたが、りんちゃんがうちにに来て、まだ日が浅い
頃の写真です。(わぁーまだあかちゃんだ。)

わたしには、これと、ある絵本の表紙がかさなります。

ブラウンさんのネコブラウンさんのネコ
(1988/08)
スラウォミール ウォルスキー



わたしが大好きな絵本作家のひとりヨゼフ・ウィルコンの本です。(これは絵のみ)
ちなみに「Tiger cat」と、タイトルに書いたのは、英語版の絵本名です。

ある日突然家にやってきたトラ猫が、どんどん大きくなってトラになってしまう。
困り果てたブラウンさんは動物園に預けようとしたり、庭で放し飼いにしたり。。
意外な話の展開と結末に最初読んだ時は???と思ったけれど、
時間を置いて考えてみたら、
トラに姿を借りたなにか(あえてここでわたしの考えは書きませんが)
のことじゃないかな、と。。。むむぅ、深い。。。と、思いました。

りんちゃんも、どんどん大きくなっています。
トラには、ならないよね。。。?^^;)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

猫ちゃんのしっぽのくねくねとやわらかそうだけど、ぴんとしている感じがよく出ていますよね。
くねくねぴんしっぽ。
やっぱり絵を描く人はよく観察しているというか、それにやっぱり猫が好きな方なんですねきっと。

りんトラちゃん・・・それはたいへんだあ。

Re: No title

イヌのしっぽのほうが馴染み深いので、
ネコのしっぽの動きには、不思議なクネクネに見入ってしまいます。

りんちゃん、虎の子並みにパワフルというか、おてんばです~。^^;)

No title

こんにちは!絵、ほんとにリンちゃんそっくりですね~。^^
ヨゼフ・ウィルコンさん、、なんだか遠い記憶の中に。。
と思ったら、『ゆきだるまのさがしもの』を持ってました。
私も絵がとても好きです~。

なんか、Asaさんと動物たちの暮らしって、当然のような気がしてしまいます。ん、、変な日本語だ。えっと、、いぬねこがいない暮らしのほうが、不自然な感じ。
一緒に暮らすから感じることとか、そのうち、形になるのかなー?なんて期待していまっす。^^

私もいつか猫ちゃんと暮らしてみたい~。未開の地。。

アヤさん

アヤさんも知ってました? なんかうれし~^^)
いい絵ですよね~。
昔小樽の私設美術館で原画と木や金属の立体作品の展覧会があって
その立体作品が衝撃的にすてきでした。
憧れです。
そのとき、このネコの原画も観た記憶があります。

雪だるまの本もいいですよね~。

・・・・・・・・・・・・・
v-283未開の地で、苦闘しております。
子育てって大変ですね。^^;)

No title

こんばんは。
りんちゃんは美人ですね。長い尻尾も素敵です。

ところで、犬と猫の共存(?)についてですが、時間かかっていてすみません。
わが家でもまだまだ試行錯誤ですが、猫が来て半年くらいは隔離しながらの生活でしたよ。ケージに入れたり、時間差で遊ばせたりして。
その後たしか半年目くらいで猫のケージを犬たちと同じ空間に置いて慣れさせて、それからようやく、なんとか、という感じです。
それなりに時間は必要だと思いますが、またコメントさせて頂きますね。

A.E.Gさん

お忙しいところ、気にかけてくださりありがとうございます。
A.E.Gさんのブログを拝見したら、ワンコとニャンコがいっしょに
くっついてリラックスしていたり、A.E.Gさんにワンニャンが一緒に
ピトッとくっついていたり、もう理想的だわ~と、ため息をついておりました。

うちでは、ふたり(?)に、「ただ平和に同じ空間に居るというだけでいいから、
高望みはしてないからね。」とか、言ってるんですが。。(笑)

でも、やはり時間をかけて今の状態になったのですね。
うちはまだ試みをはじめて約2ヶ月、焦らずゆっくり取り組みます。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ