スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋、寝入りばなに

先日読んだ本です。

大幸運食堂大幸運食堂
(2011/09/02)
明川 哲也

商品詳細を見る


川辺の町を舞台に、その周辺に住むひとびとのそれぞれの
ドラマ、エピソードが綴られた連作短編小説です。

ひとそれぞれ、いろんな問題や悩みを抱えて生きている。
でも、それらをすべて包み込むようなやさしさで描かれている
8つのおはなしです。
まるでオムニバス映画をみているような感覚にとらわれました。
最初の『黒猫のミーコ』というお話で、ネコ好き、動物好きの方は
まず、やられちゃいます。(笑)

秋らしくなってきたこのごろ、
寝る前に布団の中で読むと、なんだか気持ちがほっこりして
いい眠りにつけますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。