スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱入りは。。



6年位前の個展の時に友人からもらった蘭(デンドロビューム)
の鉢植えです。今数年ぶりに花が咲いている♪

最初はもちろんいーっぱい花がついた状態だった。

それから徐々に花の数が少なくなって→茎(バルブ)がにょきにょき出てきて
→葉っぱがぼうぼうになって→バルブが枯れてきて株が貧弱になり・・・

という過程を経て、どうしたらまた花がつくようになるのかな~と、
思っていた矢先NHK『趣味の園芸』の先生が「蘭はよく一年中家の中に
入れたままにしている方がいますが、春~秋は外に出しておいた方が
いいんです。」と、おっしゃっていたのを聞いて、
「あれま、わたしのことだわ。」と、さっそく去年の春~秋、
外の直射日光の当たらないところに出しっぱなしにした。
思い出したらお水をあげる程度。

そうしたら、2月になって蕾をつけ、3月に入ったら花が咲いた♪
何年ぶりの花でしょうか!(自慢にならないが)
大事に箱入り状態がダメだったんですね。

DSCN0437.jpg

こちらは、父が管理していた君子蘭なんだけど、
わたしが面倒見ることになってしまった。
(蘭と名前についているけどヒガンバナの仲間なんですね。知らなかった!)
手入れらしいことはしておらず、でも、ちゃんと花をつけてくれた。
好みの花ではないけど、まあこのブログらしからぬ派手な
画像もたまにはよいかと。。。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。