1月に観た映画(DVD)

昨年の夏ごろから秋にかけて公開されて、観たいと思っていた
映画が(何かと忙しくて映画館には行けずじまいだった)
12月頃から軒並みDVD発売されているので
先月借りて観ました。

星の旅人たち [DVD]星の旅人たち [DVD]
(2012/11/02)
エミリオ・エステヴェス、マーティン・シーン 他

商品詳細を見る



きっと ここが帰る場所 [DVD]きっと ここが帰る場所 [DVD]
(2012/12/26)
ショーン・ペン、フランシス・マクドーマンド 他

商品詳細を見る



少年と自転車 [DVD]少年と自転車 [DVD]
(2012/10/05)
セシル・ドゥ・フランス、トマ・ドレ 他

商品詳細を見る




それでも、愛してる [DVD]それでも、愛してる [DVD]
(2012/11/09)
ジョディ・フォスター、メル・ギブソン 他

商品詳細を見る



はからずも、みんな父と息子との関係が軸になっている映画でした。

「星の旅人たちは」は、不慮の事故で失った息子の目指していた
聖地巡礼の旅に出る父親。その旅の中で、息子を近くに感じられる
ようになっていく。
この聖地巡礼、ちょっと憧れたりしているのですが、
あんまり年を取ると踏破できないそうだから、
多分、憧れで終わるのだろうな。。。
監督エミリオ・エステべスと主演マーティン・シーンは実の親子。


「きっとここが帰る場所」は30年間音信不通であった父子が
父の死によって出ることになった旅のなかで、
父の思いや深い闇を知ることになる。
わたし的にはこれを一番楽しみにしていました。
ショーン・ペンの映画にU2のBONOの娘さんが出演し(若いのに
やっぱりさすがオーラが違う!)デヴィッド・バーン(元トーキングヘッズ)も
音楽と自身も出演しているのだから!
全体に流れる独特の不思議感と映像の美しさも印象的です。


「少年と自転車」は、父に実質捨てられた少年がそれでも
父親に見せる健気な愛情に泣かされる。ハッピーエンドでほっとしました。


「それでも愛してる」は、特にすごく観たいと言うわけではなかったのだけど
気にはなってたので。
鬱病で手にはめるビーバーのぬいぐるみを通してしか
人とコミュニケーションできなくなってしまった父親。
その父親が心の病から回復させるキーパーソンは
家族の中で一番関係が上手くいかない高校生の長男だった、という
話。(もっといろいろなことがありますけど)

確かに家族というグループの中で
父親と息子というのは、一番やっかいな
愛情というものを、素直に表わすことができない、
不器用な関係かも知れないな。。。と。

コメントの投稿

非公開コメント

地震、大丈夫でしたか?
明日は立春ですね。
こちらは今日も明るい光があふれていますが・・・
私も巡礼にいきたくなってきました(笑)
テレビ番組で見たことがあります。ピレネー山脈を越えてスペインの何とかいう教会を目指してたくさんの人が徒歩で行くんですが、コースがいろいろあって、みんな自分の体力や使える時間によって、コースを選んだり、何回にも分けて少しずつ進んだりしていました。
踏破できたら、何か変わるものがあるのかもしれませんね。
途中の宿とかお世話する人とかの考え方も、どこか四国の八十八か所巡りに少し似ているなあと思いました。

Re: タイトルなし

ご心配ありがとうございます。
地震はこちらは震度3くらいで、大したことはありませんでした。
でも、揺れてる時間が長かったのと、深夜だったので
ちょっと身構えてしまいました。
りんは焦ってましたが、ポンはソファで寝たままでした。^^;)
災害に遭って、とにかく逃げるという事態になったとき
このふたり(?)を迅速に確保して、逃げるというのは
なかなか難しいな…ちょっと対策を講じなければと、あらためて感じました。

わたしも、四国88ヶ所も行ってみたいというか
興味あります。

DVD

こんにちは。
たくさんチェックしましたねー。
私も借りようかな・・・
いったんエンジンがかかったら、もっともっと観たくなりそうだ・・・

Re: DVD

calvinaさん
そうなんですよ。エンジンかかっちゃうと次々観たくなって
しまいますね。
「レ・ミゼラブル」もやっぱり観たいし。。
calvinaさんのところで紹介されていた立川談志の映画は
記事を見た日がこちらでは最終日にあたり、(しかも朝イチの回
一回のみの上映でした。)すごく残念でした。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ