スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餡とじんせい

あん (一般書)あん (一般書)
(2013/02/07)
ドリアン助川

商品詳細を見る


「あん」とは、餡のことです。
成り行きでどら焼きの店主をすることになった主人公、
別にその仕事にやりがいも、愛着も無く、ただ続けているだけ。
そこにアルバイトとして働くことになった老女は、いわくありげでは
あったけれど、餡作りにかけては相当な腕前を見せる。
そこから関わっていくことになるふたりの人生と、過去の苦難。。。

人生について考えたり、例えばここでこのことばを書くにも
大袈裟な気がして気恥ずかしく感じてしまいます。
(わわわゎ。。。と、赤面して箱に入りたい感じ(りんちゃん(うちの猫女子・1才)的ですが)
あるいは、目先の些事に追われ、そんな大そうな事は考えられないと、自分に
言い訳したりもするかもしれません。
「じゃあ、いつ考えるの?今でしょっ!」(どっかで聞いたことがあるフレーズ^^;)
と、徳江さん(登場人物の老女)から言われてしまいそうな気がします。
この小説は、人生の核心(的確なことばを見つけられませんが)のような結晶を
そっと手渡してくれる。そんなふうに感じました。

読後、自分が生きていくこと、生かされていることは
生きとし生けるものへ、五感プラスアルファのアンテナを心がけて
受信状態にしていれば、自分が思う以上に、その生は祝福されている
のかもしれないと、思いました。

著者のドリアン助川さんの食に関する表現力も
かねてから凄いなと、思っていたのですが、
ここでも、徳江さんが小豆から餡をつくる過程の描写が
ありありとその光景を目に浮かばせてくれて、おもわず
どら焼きを食べたくなりました。(実際読後数日後、買って食べましたが^^:)
餡もじつに奥が深い食べ物ですね。

心の奥深くにしみいる大切な一冊となりました。
おすすめしたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

↓この間、かわいいわんにゃんのツーショットを見てすっかりコメントしたつもり(笑)
ご無沙汰してしまいました。
最近めっきり本を読むことがなくなりました。
Asaさんは、お忙しいのにいつもいろいろな本を読まれていて感心してしまいます。
祝福されている生・・・ってと、ふと考えました。

Re: タイトルなし

こちらこそ、うさぎさんのところへ
伺っているのですが、コメントを残さずじまいで
失礼しています。

私はそんなにたくさん本読んでいませんよ。
それでコンプレックスがあるくらいです。^^;)

ご紹介した本、読みやすいのでよろしかったら
読んでみてください。

Asaさん、おはようございます。

読みましたよ、『あん』。
ここでの紹介を読んだときには、徳江さんの人生に
あんなことがあったなんて、到底想像もできなかったので
「もしや」と思いながらも、いやいやと打ち消しながら読み進め、
そして、ラストでは泣かされました。
白いブラウスがでてきて‥その後で、友だちが
徳江さんについて語るところで涙がとまりませんでした。

よい本、教えてくれてありがとうございます。
私もどら焼きがものすごく食べたくなってます♪
千太郎さんのどら焼き屋さんがほんとにあれば、と
思いますよね~

rucaさん

こんにちは。
「あん」読んで下さったんですね。
ご紹介するにあたり、あんまり書きすぎるとネタばれしてしまうし、
控えめにしすぎると、紹介するには足りないかもと思ったり
(今回はその感じがありましたが)その加減が難しいですね。

でも、拙い紹介で読んでくださり、そして感じ入って
いただき、とてもうれしいです。どうもありがとうございます!

わたしも、いまだ後を引いて、どら焼きを見かけると、これはおいしそうかな
買おうかな、とか吟味してしまっています。
(カロリー高めだから、おいしそうなものを十分見極めてから
ゲットです。^^;)

残暑お見舞い申し上げます

Asaさんのご紹介のあと、みなさんのお勧めも見て、
迷わず手元に置きましたが、
ワサワサな日常の中で読めないなーと、
この夏の帰省に持ってきました。
そして、先ほど読了しました。
胸がいっぱいで、自然に涙していました。

たまたまですが…岐阜でおいしいどら焼き(ツバメヤ) を
見つけたのです~。
夕方、今回二回目のどら焼きを、買いにいってきます!!

大事な一冊に出会わせてもらいました。
ありがとうございます~(*^^*)

Re: タイトルなし

琴子さん

残暑お見舞い申し上げます。
そちらは暑いのでしょうね。
こちらも今日は真夏日で、ものすごく蒸し蒸しでしたが
そちらに比べればカワイイ程度のものかもしれません。

わたしの拙い紹介で興味を持って下さり、そして読んで下さり
嬉しいです。ありがとうございます。

私も、この本読んで以来、和菓子の餡子を食べるたび
あの手間ひまかかった工程を思い、心して味わうようになりました。
ツバメヤさんというお名前からしてそそられますね。^^)

私にとっても確かに心に大事なものが宿った一冊となりました。


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。