半日デンマーク~北欧旅その1

今回のスウェーデン行きは、初めてデンマークから列車で
入ることにした。
友人の住むカールスクローナ(Karlskrona)という町は、スウェーデンの
南端、昔軍港だった港町で、デンマークに近いのだ。

フィンランド航空を利用して、まずヘルシンキ空港に到着、
それから乗り継いでデンマークのコペンハーゲンに飛び、
コペンハーゲン中央駅近くのホテルで一泊。
翌日午前中はコペンハーゲンをちょっぴり見て、午後から
スウェーデンに向けて列車で出発という予定。

コペンハーゲンでの数時間、どこへ行こうか。。。と、
あの有名な人魚姫の像のあるところとか、とも思ったが
根が真面目なもんで(?)トーヴァルセン彫刻美術館(Thorvaldsens Museum)
へ行くことにした。

回廊に並べられた彫像、レリーフ、ヨーロッパ各地にある銅像の原型となった
巨大な石膏像など、とても見応えがあった。

回廊の一部は細かく部屋に分割されていて、
区切られた空間でより濃密に作品と向き合える気がした。
わたしのいちばんのお気に入りとなった小部屋はギャラリー8。
正面に’Hope of Goddess'(希望の女神)がりんと前を見据えて
立っていた。

キリストの部屋と名づけられた部屋にはキリストと十二使徒の大きな像が並び
圧倒された。ここでもしばし静かに像と向き合え、とても厳粛な
気持ちになった。

午前中のやさしい自然光が館内にやさしく差し込み、
白い彫像やレリーフたちにやわらかな陰影をつけていた。

この美術館の写真は撮り忘れたけど、建物を出たところの風景↓

DSCN0001.jpg

あれ!これって、写真とか画像なんかで見たことあるかも!と、
やっぱり異国に居るんだわ、とつくづく思わせてくれる風景だ。

ここへ行く途中に国立博物館もある。
時間があれば入ってみたいところだったけれど、残念!

博物館横の通り道。

DSCN2939_20130601214812.jpg

中央駅向かいにあるチボリ公園の塀に貼ってあったポスター
なんだかレトロっぽくていいかんじだった。

DSCN2938.jpg


*今回の旅はじつはそんなに写真を撮っていません。観光を存分に楽しむという
心境じゃなかったもので。。。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ