ポンその後

201407061133476fb.jpg

寝起きのポンちゃん(^.^)


まだ2週間に一回、病院通いが続いています。
前回の診察では、右眼の明暗の反応も少し改善してきて
若干見えているようです。
ご心配頂いておりますが、お陰様でちょっとホッとしています。

日常生活の観察でも 、オヤツをあげるときのキャッチも
(かるく口元めがけて投げてキャッチさせる)
以前の感じに近づいた気がします。

副腎皮質ステロイド剤の目薬と内服薬は
続いていて、かれこれ1ヶ月半以上です。
ネットでこの薬のことを調べたら、効果が大きいだけに
副作用も大きいようで、不安です。

鎮痛効果も大きいと説明にあったので、
もしや...と思って、1月に首を痛めたときに処方された
薬を調べたら、ステロイドでした。(今通っている病院と違う病院です。)
薬をもらうときにそのことは一切聞かされておらず、今回自分で調べて
分かったんです。
結局ポンは相当量をすでに服用してしまっていて、一年間の投薬許容量
にほぼ達しそうな量です。
びっくりして、病院にはそのことを知らせて、薬の量を徐々に減らして
いくことになりました。

できることなら早くやめたいですが。。

しかし、、この一件で、すっかり受け身の姿勢で診てもらっていては、
コワイ.キケンと感じました。
動物病院も人間のお薬手帳みたいのを作ったらいいのに、と思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とりあえず良かったですね。
ポンちゃんの全快をお祈りしております。

A.E.Gさん

ありがとうございます。
ひとまず、ホッなんですが、副作用がいろいろ出てきてしまって
すっかり元気までまだちょっと道のりがあります。
わたしもがんばらねばです。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ