指針

今週ドキュメンタリー映画『人生フルーツ』を観た。

DSCN3978.jpg



名古屋近郊のニュータウンの一隅の一軒家の平屋。
そのおうちに住む建築家津幡修一さん(90歳)と妻の英子さん(87歳)老夫婦
の暮らしをおっている。

そこは、1960年代、丘陵地、雑木林があった土地だったが、
効率重視の宅地造成で無機質な団地が建ちならぶ。
ご主人修一さんは、当時ニュータウン計画に携わっていて、緑や地形が残る
プランを目指していたが、結果叶わなかったという経緯がある地なのだ。

ご夫婦は、土地の元の姿の面影がなくなってしまったその一角に、
雑木林、緑、里山の再生を目指して300坪の土地を購入して
50年もの間、コツコツと再生を図ってきた。

*詳細は最下部公式hpのリンク予告編をご覧下さい。


時間をかけて土を肥沃にし、
そこから採れる豊かな果実や野菜達。
それらを使って英子さんは実に手間を惜しまず、おいしそうな料理を
毎日毎日のたのしそうに作る。
ーーびっくりするのは、朝食はご主人に一汁三菜くらいの和食を
作るのだけど、ご自分はトーストにバタージャムを言うスタイルを
貫いている。毎朝2種類の食事は大変だろうにと,思うのだけど
全然、そうは思っていらっしゃらない様子ーーー

私は食事の支度面倒だなぁ〜、と思うことがちょくちょくあるが、
その度、英子さんの台所での様子を思い出して、「そんなことではイカン!」
と、自分にダメ出しするようになるだろう。

修一さんはとても筆まめで、人に対して感謝の言葉を
こまめに伝えることを日々惜しまない。
なじみの魚屋さんにも、「この間の○○がおいしかったです。」とか
イラスト付きではがきを書く。
また、齢90歳でも、お仕事の依頼にものすごく迅速に対応して
いらっしゃったのは驚愕だった。
ほかにもいろいろ印象に残っていることは多々あって書ききれない。。。

これから先のわたしの人生がどのくらいあるかは,神のみぞ知る
だけど、後半生の生き方、いろんな意味で
おふたりのくらしぶりが指針やお手本を示してくださった。

『やれることから,コツコツ、ゆっくりと
時をためて。。。』修一さんの言葉

私の仕事にとっても深くしみいる言葉だ。

公式hp   

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ