スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出たとこ勝負で・・・2

展望台で出会ったオジさんの言う通り、歌碑を目指して歩き始めましたが、
小林多喜二碑を過ぎると道は林道になり、
人影が全く無くなりました。

そもそも小樽の山に来ていることは家族は知らないし、
山歩きのつもりで来てないから、きわめて軽装。
で、あたりは熊が出て来ても全然不思議じゃない環境。。。

小樽で熊が出たってニュス,今まであったかしら、、、
笛とか鈴とか音が出るものも持って来ていないし、、、

進めば進むほど不安になってくる。

ミゾミゾするって,こういう心持ちか?

そんなことで、駅のインフォメーションでもらってきた
展望台散策路地図を見て再検討,別ルートから辿ることにしました。

DSCN4038.jpg

来た道下りの風景。春のトンネルですね。^^)


別ルートとは、小樽商科大のキャンパスを通り抜けてから
山に入るという道。
山の中を歩く距離が先のルートより短い。




大学のあたりは初めて来ました。
道路側のキャンパス内の斜面には。。

DSCN4039.jpg


DSCN4041.jpg

エゾエンゴサクが斜面を覆っていました!
山の残雪の白の背景も美しい。

植えたものだろうか?
こんなに広い面積一面に咲いているのは初めて見ました。



キャンパス敷地を抜けると,さっきより本格的山道になり
もっとコワイ。。><)
午後お遅い時間になって来たので心を残しつつ断念しました。

行き慣れた場所であれば、ぜんぜん大丈夫だと思うのですが、
初めての場所は、不安だし侮ってはいけないと。


カタクリを,見るという目的に関しては
出たとこ勝負は。。負けーっ!

でも,負け惜しみでなく
小樽の今まで馴染みの無かった地域を訪れることができて
面白かった!!

帰りは歩いて駅まで戻った道すがら

富岡のカトリック教会を眺め、
DSCN4045.jpg
歴史の趣ある、しかも可愛らしい建物です。


倶知安方面行きの列車と桜
DSCN4047.jpg
昭和な感じの風景


などなど楽しみつつ帰りました。

良い散歩でした。





コメントの投稿

非公開コメント

小樽のカタクリ山

しばらく行っていませんが、小林多喜二碑のすぐ裏に遊歩道の入口があって、数分歩くと斜面一面にカタクリとエゾエンゴサクの花園が広がっていたと記憶しています。花の時期でも平日はあまり人がいなくて熊も出そうだし、確かに一人で行くのは怖いところですね。観光客やカメラマンでいっぱいの所は避けたいけれど、熊に会いそうな所も怖い、ほどほどの穴場はなかなか見つかりませんね。良いところを探して、来年は一緒に行きましょう!












Re: 小樽のカタクリ山

小樽のカタクリ、話を聞いて、勝手に展望台からちょっと歩いたら群生している
イメージを持っていたもので、やっぱり野の花探索を甘くみちゃいけないってことですね。f^_^;

石碑のところの道を行けばよかったんですね。。。来年再挑戦です!
そして他の穴場も是非ご一緒させてください。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。