豊かな色

DSCN0606.jpg

ちょっと前になりますが、『エリック・カール展』を観にいきました。
「はらぺこあおむし」は有名だし、何度か絵本を手にしたことはあったけれど
じつは、特別好きという程では、ありませんでした。
でも、たまたま行くチャンスがあり、観たのです。

しかし、会場で作品やカール氏の作業風景の映像を観たら、すごく好きになってしまいました。
絵本以上(印刷では出し切れない)の微妙な美しい色!を目の当たりに
したからです。
ティッシュと呼ばれる薄い紙(ティッシュペーパーではない)をアクリル絵の具で
色づけして、その紙を切り貼りするのが主な手法です。
その素材と色の多様さには圧倒されてしまいました。

彼のアトリエにはいくつもの色別にわけられた赤・青・緑などなどの
大きな引き出しがあって、それぞれの中に分類された紙や紙片が
沢山入っているのです。
はらぺこあおむしの胴体のみどりいろも’緑の引き出し’のごまんとある
いろんなみどりいろの紙から選ばれたものです。
これら何千(万?)枚という素材を全部把握されているそうです。
(と、ご本人がビデオの中で話されてました。)
もし、わたしが「この引き出しを自由に見ていいよ。」と、言われたら、
いろいろ紙を取り出しては眺め、飽きることなくいつまでも楽しむことが出来るでしょう。

カール氏はちょうどわたしの親の世代ですが
いたずらっぽい笑みを浮かべることが出来る
わくわくするような楽しいアイデアをいつも考えているような
そして、アーティストとしての厳しい姿勢も持ち続けている
ステキなおじいちゃんでした。


<つづき>
一緒に写っているのは、その時に図録とともに購入した絵本。
ナマケモノ好きのツボにバッチリはまりました。
ナマケモノがかわいいし、ジャングルの背景の絵もうつくしい。
最後にナマケモノが語る「・・・のんびり、ゆっくり、おっとりが好きなのさ。」という言葉が、いいです。

しかし、わたしの場合
あなたは、もっとキビキビやりましょーっ!!」と、
どこからか、天の声が聞こえてきそうだ。。。^^;)

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ