ちょっとお蔵出し

秋の収穫祭のようなイベントも、頻繁に催される季節になった。
収穫って、生産者の方々だけでなく、消費者の立場であっても
なにか心豊かになる気がする。農耕民族の血なんだろうか?

でも、今回の台風で一年の収穫が壊滅的にだめになってしまった
農家の方々もいらっしゃるのだから、それは本当に心痛むことで、
自然相手の仕事は大変なご苦労だと思う。

収穫とヨロコビというと、18年前異国で見たある光景を思い出す。
ちょっと思い立ってそのポジフィルムを探したら、あっさり
見つけられたので、upしてみた。

18年前の秋スウェーデンの学校にいたとき、学校がある
とある小さな町で見た光景。昔ながらの方法で麦の収穫をしていた
ところにでくわしたのだった。小さなこどもが楽しそうだった。




img081.jpg

競って麦の束を積み上げている場所に運んでいる男の子たち。
上の画像の赤い帽子の子はまだ小さくて同じことがしたかったのに
できなくて、残念そうだった。^^)

一年丹精こめて作物を作ってきた人々のみんなに、こんな
心から嬉しい収穫があればいいのに。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ