不覚にも

早く暖かくなればいいな。。と、
花が咲き始める季節を心待ちにしていたのですが

今月初めに家族がインフルエンザに感染し、
そのあと私も発熱しちゃいました。(インフルエンザではなかった)
風邪は治ったものの、引き続き持病(なのか?)の喘息になり
今ひとつな体調の日々を送っているうち、4月も後半に入ってしまいました。==)

家の中に引きこもってる間に
かなり雪が残っていた庭もすっかり地面が見えて


DSCN4021.jpg

スノードロップは花を掲げて日に日に背丈を伸ばし



DSCN4019.jpg

雪解け後真っ先に蕾をつけたツルボは花を開き



DSCN4017.jpg
DSCN4018.jpg

クロッカスやふきのとう
その他にもクリスマスローズも元気に開花しました。


早く本調子に戻さなくては!

春の野の花を見つつの散策に出かけるのだー。

みーつけたっ!

さっきまで、膝に乗って甘えてきて仕事のじゃましてた
窓のところで、外のカラスになにやらニャニャニャニャ言ってた
りんちゃんが、いない。。。
呼んでも返事がない。。。

階段の上の方にでも行って寝てるのかな。。
と、思ったら

2017032212035068b.jpeg

みぃ〜っけた ^_^

本人は気配を消してるつもり。

指針

今週ドキュメンタリー映画『人生フルーツ』を観た。

DSCN3978.jpg



名古屋近郊のニュータウンの一隅の一軒家の平屋。
そのおうちに住む建築家津幡修一さん(90歳)と妻の英子さん(87歳)老夫婦
の暮らしをおっている。

そこは、1960年代、丘陵地、雑木林があった土地だったが、
効率重視の宅地造成で無機質な団地が建ちならぶ。
ご主人修一さんは、当時ニュータウン計画に携わっていて、緑や地形が残る
プランを目指していたが、結果叶わなかったという経緯がある地なのだ。

ご夫婦は、土地の元の姿の面影がなくなってしまったその一角に、
雑木林、緑、里山の再生を目指して300坪の土地を購入して
50年もの間、コツコツと再生を図ってきた。

*詳細は最下部公式hpのリンク予告編をご覧下さい。


時間をかけて土を肥沃にし、
そこから採れる豊かな果実や野菜達。
それらを使って英子さんは実に手間を惜しまず、おいしそうな料理を
毎日毎日のたのしそうに作る。
ーーびっくりするのは、朝食はご主人に一汁三菜くらいの和食を
作るのだけど、ご自分はトーストにバタージャムを言うスタイルを
貫いている。毎朝2種類の食事は大変だろうにと,思うのだけど
全然、そうは思っていらっしゃらない様子ーーー

私は食事の支度面倒だなぁ〜、と思うことがちょくちょくあるが、
その度、英子さんの台所での様子を思い出して、「そんなことではイカン!」
と、自分にダメ出しするようになるだろう。

修一さんはとても筆まめで、人に対して感謝の言葉を
こまめに伝えることを日々惜しまない。
なじみの魚屋さんにも、「この間の○○がおいしかったです。」とか
イラスト付きではがきを書く。
また、齢90歳でも、お仕事の依頼にものすごく迅速に対応して
いらっしゃったのは驚愕だった。
ほかにもいろいろ印象に残っていることは多々あって書ききれない。。。

これから先のわたしの人生がどのくらいあるかは,神のみぞ知る
だけど、後半生の生き方、いろんな意味で
おふたりのくらしぶりが指針やお手本を示してくださった。

『やれることから,コツコツ、ゆっくりと
時をためて。。。』修一さんの言葉

私の仕事にとっても深くしみいる言葉だ。

公式hp   

握りこぶし大


今日は2/22ニャンニャンニャン ネコの日です。



20170222210957e18.jpeg

りんちゃんの後頭部^ ^



いつも思うんですが、このちっちゃい頭、わたしの握りこぶしと
ほぼ同じ大きさです。
ちっちゃいなぁ。
でも、実にくるくるといろんなこと考えてるんですよね〜。
ネコと暮らしてみて認識を新たにすることたくさんです。


2017022221095888a.jpeg

「ちっちゃい、ちっちゃいって失礼ね。
サイズじゃなくて中身の問題よ。」


20170222210956719.jpeg

「ふーーんだっ!」


プチドームと豆木皿

先日100円ショップで偶然見つけた
プチ・ドームカバー
なんだかカワイクて即買いしてしまった。^_^

とりあえず、合うお皿を作らねば♪と。。。

20170215001155367.jpeg

ドームカバーの直径が7cmくらい。
それに合わせて豆皿大のクルミの木のお皿を作った。

時節柄、チョコレート菓子を入れてみた。

濃厚系のお菓子をほんの少し、という感じでいただく時
残りを入れておくのにいいかも。
あと、晩酌でいつもより高いチーズをちびちび食べながら
の時とかね。(^_^)v

今度は薄いバージョンのお皿も作ってみよう♪

もはや別名?

20170211134655a88.jpeg



「pon」って名前、

「ポン」ってそのまま呼ぶことはなくて
はじめから「ポンちゃん」と、「ちゃん」込みで呼んでいます。

十分単純な名前なのに、それでも省略形で呼ぶことがあって、
ときどき「ポンちゃん」→「ポンち」さらに→「ポチ」
へと、変化します。

さすがに「ポチ」となると、ポンちゃんの反応は薄いというか
しょうがなく反応してやってる感が見られます。^_^;

ぬくぬく




まだまだ真冬日が続いています。

でも、日によっては、午前中窓からあたたかい陽が入り
ストーブのそば、膝の上には心地よい体温で
温めてくれるりんちゃんがいて、
しばしぬくぬくを味わえます。^ - ^
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ